江戸時代、五街道の起点として日本の商業の中心だった東京・日本橋。江戸文化が花開き、創業100年を超す老舗が軒を連ねるこの街が今、再開発によって大きく変わろうとしている。日本橋の再生を主導しているのが、三井不動産。未来に目を向けると、さらに壮大な計画が広がっている。

江戸情緒が薫る商業施設「コレド室町」。三井不動産は2010~14年にかけて3棟を開業し、日本橋を休日もにぎわうエリアに再生した

 「これまでは点をつくってきた。その点と点が線でつながり、面になってきた」。三井不動産日本橋街づくり推進部の𠮷田直生事業グループ長は語る。

 日本橋は三井グループ創業の地。かつてのにぎわいを呼び戻そうと、三井不動産が日本橋再生計画に乗り出したのは2000年代に遡る。始まりは04年に開業した商業施設「コレド日本橋」だった。𠮷田氏が「一つの足場が築けた」と振り返るコレドは、英語で「核」を意味するCORE(コア)と江戸(EDO)をつなげた造語。新しい日本橋が東京の商業の核になるとの意味を込めた。あれから10数年、その日本橋がまさに「東京の核」として頭角を現し始めた。

まだセカンドステージ

 三井不動産は05年に「日本橋三井タワー」、10年に「コレド室町」(現「コレド室町1」)、14年に「コレド室町2」「コレド室町3」を開業。再開発は他社にも波及し、10年にはコレド室町1の隣に野村不動産が商業施設「YUITO(ユイト)」をオープン。18年秋には日本橋高島屋が新館を構え、日本橋三越本店もリニューアルオープンに踏み切った。

「コレド室町」の隣には9世紀に創建されたと伝わる福徳神社を再興。憩いの場としてよみがった(写真/古立康三)

 ビジネス街という性格はそのままに、ショッピング街としての厚みが増し、日本橋は休日人口が平日人口を上回るまでに変貌した。だが、「日本橋の再開発はまだセカンドステージ」(𠮷田氏)だという。

 19年秋には新たな商業施設「コレド室町テラス」を開業し、その2階には米タイム誌が「アジアで最も優れた書店」に選んだ台湾の「誠品生活」が日本初上陸を果たす。これで日本橋室町北端の1万平方メートルを超す敷地が埋まるが、再開発の本丸が、まだ手つかずで残っている。首都高速道路で覆われた名橋・日本橋そのものだ。

コレド室町のはす向かいには19年秋、新たな商業施設「コレド室町テラス」を開業する(上)。屋根付きの大広場を設け、積極的にイベントを展開(中)。2階には台湾の進化系書店「誠品生活」(写真は台中中友店)が日本初上陸(下)。日本橋の“サードプレイス”として重宝されそうだ
ドイツテレコムが1億円超の収益改善 活用したデータは?
バイト不足時代のシフト管理 リクルート系、スマホとAIが連携