1億人超の契約者を抱える大手通信会社は、どんなデータを集めて分析し、どんな用途に活用しているのか──。米ベライゾンワイヤレス、独ドイツテレコムの実態の一端が、米テラデータが開催したイベント「Teradata Analytics Universe 2018」(米ネバダ州ラスベガス、10月14~18日)で垣間見られた。

イベント「Teradata Analytics Universe 2018」で講演するベライゾンワイヤレスでデータサイエンティストのヘッドを務めるKsenija Draskovic氏

 ベライゾンワイヤレスは米国で加入者数第1位の携帯電話事業者。全米で98%のLTEのカバーエリアを持ち、1億1600万の契約者を抱える。そのベライゾンワイヤレスは、データを活用することで既存顧客の解約を減らすことに成功したという。

 同社でデータサイエンティストのヘッドを務めるKsenija Draskovic氏は、「ベライゾンワイヤレスでは顧客のニーズを予測することで、解約率を0.97%まで引き下げることができた。米国の他の携帯事業者の中には2~3%の解約率という数値もあるが、最も低い解約率がベライゾンワイヤレスの数値だ」と語る。

 データ分析には、テラデータのデータ分析プラットフォーム「Teradata Vantage」を利用している。モデル化に使ったデータは、外部のデモグラフィックデータ。性別、年齢、住んでいる地域、所得、職業、学歴、家族構成、趣味や音楽の嗜好など非常に多くの変数があり、これらのデータを使って機械学習によるモデルを学習させた。

 「ベライゾンワイヤレス内でデータを活用したいユーザーに対して、最新の分析情報を1時間以内に提供できるようになった」(Draskovic氏)。顧客ニーズを予測し、解約しそうな顧客には適切なキャンペーンなどを実施することで、解約を減らす成果につながっているという。

ビットコイン暴落の裏で仮想通貨が決済手段になる国
三井不が主導する「日本橋再生」 東京の新たな核に