愛知県の中部国際空港(セントレア)が飛躍の時を迎えている。相次ぐ新規就航で路線が広がり、旅客数が増えているだけではない。2018年10月に斬新な複合商業施設を開業し、19年には空港に愛知県国際展示場を併設する。航空機に乗らない人をも取り込む、新しい空港の形がそこにある。

セントレアにオープンした商業施設「FLIGHT OF DREAMS」。ボーイング787初号機とシアトルの街並みが同居した斬新なテーマパークだ

 2005年2月の開港から13年余り。中部地方の空の玄関口、セントレア(愛知県常滑市)が真価を発揮し始めた。18年10月28日、スターフライヤーが台湾の桃園国際空港へデイリー便、10月30日にはLCC(格安航空会社)のタイ・エアアジアXがバンコク線を開設。19年1月16日には、タイのLCCタイ・ライオン・エアが乗り入れる予定。いずれもセントレアにとって、初就航である。

 他空港に比べて発着枠に余裕があることもあり、セントレアを選ぶ航空会社が急増している。実は旅客数は05年度に1235万人を記録したのをピークに低迷を続けていたのだが、このところ少しずつ持ち直し、18年度には初めて1300万人に達する見込みだ。

低迷していたセントレアの旅客数は15年度に再び1000万人を突破。右肩上がりで伸びている

 インバウンド客の増加で、他の空港も旅客数は伸びているが、セントレアは、飛行機に乗らない人をも取り込み始めている点に特徴がある。

 大きな転機は、18年10月12日。駐車場にほど近い場所に「FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)」という商業施設をオープンしたことだ。目玉は「ドリームライナー」の愛称を持つボーイング787型機の常設展示。全長60m弱、重さ100t強、787シリーズのなかでも貴重な初号機「ZA001」を間近で眺められる。

下からの迫力のアングルで実機を見上げたり、コックピットの中をのぞき見たりして楽しめる
Alexaで“AIボディーガード” 電通がSDGsの一環で
パルコが渋谷店刷新に向け、独自のマーケプラットフォーム開発