山梨県の河口湖に2018年10月1日、ぜいを尽くした温泉旅館がオープンした。「ふふ 河口湖」だ。元々は静岡県熱海市に07年12月に開業しており、10年以上を経て2号店を出し、19年、20年と全国へ広げていくという。強気の背景には、供給過剰に見えて、1泊10万~30万円というリッチなインバウンド客好みの旅館が絶対的に足りない日本の現実がある。

「ふふ 河口湖」は全室が富士山を望むスイートルームで、天然温泉付き

 鳥の声、木々の葉音が耳に届く。河口湖の森の中に「ふふ 河口湖」はある。全室が富士山を望むスイートルームで天然温泉付き。浴槽には富士山の溶岩を敷き詰めてあり、遠赤外線で体がじんわり温まる。バイオエタノールの暖炉が室内を明るく照らす。