店舗で来店者に対して店員が接客する。これと同じように、サイトの訪問者に対して一人ひとりを“接客”して、おもてなしする。そんなツールの利用が広がっている。それが「Web接客ツール」だ。同ツールのAI(人工知能)活用による機能強化やサービスの強化を視野に入れた資金調達が相次ぐ。競争のポイントは3つある。

 Sprocket(東京・世田谷)は2018年9月26日、提供するWeb接客ツールにAI(人工知能)を活用した購入確率のスコアリング機能の提供を始めた。また、翌日にはエフ・コード(東京・新宿)がデータ連携などを視野に入れて、ネットオークションデータ事業のオークファン、マイナビなどから約2億8000万円の資金調達をすることを発表した。

 Web接客ツールとは自社サイトの訪問者に対して、必要と推測される情報を適切なタイミングで表示することで、申し込みや消費を後押しするためのデジタルマーケティングツールだ。世に出た当初はサイトの訪問者に対して、データに基づき適切なタイミングでクーポンなどを表示して購入や申し込みを後押しし、サイトの成約率を高めるツールとして提供が始まった。