住友生命保険が2018年7月24日に発売した健康増進型保険「Vitality」の出足が好調だ。「健康になるために入る」という前向きな商品コンセプトと、運動に取り組むほどポイントがたまって保険料が割引になるユニークな仕組みが特徴の同商品。契約者と営業の関係にも変化が起きている。新しい生保商品の好調の理由に迫る。

住友生命保険の健康増進型保険「Vitality」
住友生命保険の健康増進型保険「Vitality」

 健康増進型保険の本命という触れ込みで登場した住友生命保険Vitalityの契約数が、販売開始1カ月半で5万5000件を突破した。Vitalityは、南アフリカの金融サービス会社、ディスカバリーが開発した、健康状態や健康活動に応じて保険料が変化する保険商品。これまで世界17カ国・地域で展開し、顧客数は800万人を超える。今回、18カ国目として住友生命が独占契約し、日本にも上陸した。

 Vitalityの導入・開発をリードした同社営業企画部次世代マーケット開発室上席部長代理の雨宮大輔氏は、「初動としては、当社の主力商品である就労不能保険『1UP(ワンアップ)』発売時の1.5倍に当たるペースで、いいスタートを切れた」と手応えを語る。