台湾茶の「Gong cha(ゴンチャ)」が首都圏を出て全国展開を加速している。2018年9月28日には、ららぽーとの東海初進出に合わせ、名古屋にデビュー。10月26日は福岡・天神の福岡パルコに入居し、九州上陸を果たす。台湾茶の定番は、タピオカミルクティー。しかし、ゴンチャはタピオカのみに頼らない「ティーカフェ」という業態で新市場を拓こうとしている。

1号店の原宿表参道店は、いつ行っても大行列だ

 東京・原宿。流行の発信地にゴンチャが1号店を構えたのは3年前。店先には今なお、大行列が延びる。店が増えると、客足が分散するのが外食のセオリー。しかし、ゴンチャは違う。店を出すたびに既存店の客数が右肩上がりに増え、原宿表参道店は、今や平日でも1000人が詰めかけるほどの大人気店だ。

 ゴンチャとは、いったい何者か。漢字で書くと「貢茶」。時の中国皇帝に貢いだような本格ティーを気軽に味わえるブランドとして2006年、台湾南部の高雄に誕生した。以来、10年余りでアジアやオセアニア、米国に広がり、店舗数は1400を突破。3年前にオープンした日本は、むしろアジアでは最後発となる。