イベントプラットフォーム事業を手掛けるイベントレジスト(東京・渋谷)は2018年8月29日、自社イベントで顔認証による来場者チェックインの実証実験を実施する。コンサートなどで採用される顔認証は転売チケットの利用防止などが主目的で、実際の受付はスマートフォンのQRコードや紙のチケットなどでしている。実験が成功すれば、文字通りの“顔パス”でのイベント参加が広がる可能性がある。

 イベントレジストは、自社が主催するイベントなど体験型マーケティングの専門カンファレンス「BACKSTAGE 2018」で実験を行う。来場者は事前に顔画像をスマートフォンやパソコンから登録。当日は、会場受付に設置されたタブレットなどの端末に顔を映せば受け付けが完了する。チケット料金は「STANDARD」コースで1万円(税込み)。来場者は約1000人を想定しており、数百人規模の実験となる見込み。