セブン&アイ・ホールディングス(HD)が消費者データの収集、統合、活用へ急加速している。2018年6月にはスマートフォン用アプリを刷新し、リアル店舗でのIDにひも付く購買データの収集を開始。同月には大手企業10社とデータ活用の研究会を立ち上げて社外データ連係を視野に入れる。19年春にはスマホ決済サービスを開始し、さまざまな決済データの収集に乗り出す。グループの総力を挙げて“アマゾンエフェクト”への対抗を急ぐ。

 データ収集、統合の鍵を握るのが、18年6月にセブン-イレブンとイトーヨーカ堂で提供を開始した新しいスマホアプリだ。グループの総合通販サイト「オムニ7」の登録に使う「7iD」をスマホアプリに登録してもらうことで、ネットとリアル店舗の購買履歴を統合できる。

アプリは350万人超が利用