今春、意外な企業がデジタル広告事業に名乗りを上げた。プリンターやカメラなどの精密機器メーカーとして知られるリコーだ。広告事業を展開するのは創業80年の歴史で初のこと。伝統的な製造会社であるリコーと遠い存在だった広告事業。その距離をグッと近づけたのが、全天球カメラ「THETA(シータ)」だった。

リコーは全天球カメラ「THETA」の事業モデル転換を狙う

 リコーはSmartVision事業本部の下、デジタルカメラ事業のビジネスモデルを大きく転換しようとしている。その象徴が広告事業だ。リコーはTHETAの開発で培った360度撮影の技術を活用して、BtoB(企業向け)のデジタル事業を2018年から本格化した。領域は「広告」「VR(仮想現実)」「プラグインストア」の大きく3つ。現在、THETA事業の売り上げの大半をBtoC(消費者向け)が占めているが、20年にはBtoB事業を同規模まで引き上げたい考えだ。ハードウエアのコモディティー(汎用)化が進む中、ビジネスモデルを大きく変えることで生き残りの道を切り開こうとしている。

リコーは「THETA」で培った技術を基に3つの領域でBtoBのデジタル事業で稼ぐ

 THETAは13年にリコーが発売したスティック型のデジタルカメラ。本体にある2つの魚眼レンズで同時に撮影することで、ワンショットで360度撮影が可能な世界初のカメラとして発売された。スマートフォンに食われ、デジタルカメラ市場が大きく衰退する中、スマホとは全く違う価値を提供しなければ消費者には選ばれない。そうした危機感から開発されたのがTHETAだった。従来のカメラとは一線を画す存在として、発売当時から先進層の間で大きな話題を呼んだ。

ハードで稼ぎ続けるのは不可能