書店とは違った視点で選書したライブラリーを設置するマンションやホテルが増えている。空間の魅力を高め、施設のコンセプトを表現する手段になるからだ。

メイツ深川住吉の共用棟イメージ。大きなガラス窓を採用し、図書室がある2階と3階は吹き抜けになっている(画像提供:TSUTAYA)

 東京・大手町駅から地下鉄で10分ほどの距離にある「メイツ深川住吉」(江東区住吉)は、総戸数444の大型マンション。2020年2月竣工の同マンションの目玉は、共用棟の2階と3階に設ける本格的な図書室だ。カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の子会社で、蔦屋書店などを運営するTSUTAYAがこの図書室の空間設計と蔵書1万冊の選書を担当する。