人の心を動かすプロの技術とは? NHKエデュケーショナルの佐々木健一氏がテレビ制作者の仕事論に迫る本連載。今回のゲストはNHK-BSプレミアムにて6月19日放送予定の『師弟物語~人生を変えた出会い~「田中将大×野村克也」』を企画制作した稲垣哲也氏(全2回)。稲垣氏が直面したマー君の厳しさとは?

ニューヨークヤンキース投手・田中将大氏(『師弟物語~人生を変えた出会い~「田中将大×野村克也」』より)(C)NHK
ニューヨークヤンキース投手・田中将大氏(『師弟物語~人生を変えた出会い~「田中将大×野村克也」』より)(C)NHK

インタビューの難しさを痛感したマー君の“厳しさ”

佐々木 健一(以下、佐々木) 6月19日(水)夜9時から、稲垣さんが企画・演出したNHK-BSプレミアム特別番組『師弟物語~人生を変えた出会い~「田中将大×野村克也」』が放送されます。

稲垣 哲也(以下、稲垣) いよいよですね。

佐々木 その番組に今回、僕はプロデューサーとして関わりましたが、とてもいい番組に仕上がったと思います。でも、視聴者は番組を見ただけでは完成までにどんな苦労や困難があったか分からないと思うので、今日はその辺りの話を。

稲垣 どこまで話していいのか(笑)。

佐々木 早速ですが、例の「マー君の厳しさ」について(笑)。稲垣さんが3月下旬にヤンキースの田中将大投手のロケで米国フロリダまで行って、帰国してすぐに僕のところへやって来て……。あのときは、稲垣さんが珍しくヘコんでいた。

稲垣 開幕直前の時期に、田中さんに1時間ほどインタビューさせてもらったんですが、僕的にうまくいかなかったという気持ちが強くて……。

佐々木 いや、むしろ、あまり見たことがない田中将大さんの一面が見えて、ヒリヒリするようないいインタビューでしたよ。

稲垣 田中さんは、実は言葉に厳密な方で、あいまいで抽象的な質問にはほとんど答えてくれなかったんです。

佐々木 皆が思い浮かべるマー君像とは違う。若いころのイチローさんみたい(笑)。

稲垣 そう、イチローさんもよく言っていましたけど、「さっき、それ聞きましたよね?」とか「なんでまた同じこと聞くの?」というやり取りが何回かあったんです。でも、テレビのインタビューって、あえて同じことを聞く場合もあるじゃないですか。

佐々木 ええ。単純に話す内容だけじゃなく話しぶりや口調も重要で、それも含めて“記録”してくるのが僕らの仕事の基本だから、あえて何回も聞いたりしますね。

稲垣 僕自身は「まだ聞けていない」という感覚があって同じ質問をしたんだけど、「あ、これ以上聞いちゃいけないのかな」と感じて、だんだんパニックに……。

佐々木 珍しいですね、稲垣さんが。

稲垣 僕はそもそもインタビューって、相手の中にある答えを引き出すものとは思っていないんです。聞くタイミングとか聞き方によって答えも変わるから、聞き手と話し手の“会話のキャッチボール”から言葉が生まれるものだと思うんです。でも、そうしたやり取りに田中さんを引き込むことができなかった。

佐々木 予想外に、意地悪な感じのマー君で(笑)。

稲垣 インタビュー映像を見直すと、明らかに田中さんが僕の質問に対していぶかしんだ表情を見せるシーンもあったりして……。

佐々木健一氏(左)
1977年生まれ。早稲田大学卒業後、NHKエデュケーショナル入社。『哲子の部屋』『ブレイブ 勇敢なる者』シリーズ「Mr.トルネード」「えん罪弁護士」など様々な特別番組を手がけ、ギャラクシー賞や放送文化基金賞、ATP賞などを受賞。著書に『辞書になった男』(文藝春秋/日本エッセイスト・クラブ賞)、『神は背番号に宿る』(新潮社/ミズノ・スポーツライター賞優秀賞)、『雪ぐ人』(NHK出版)などがある。

稲垣 哲也氏(右)
1975年生まれ。立命館大学卒。テレビ番組制作会社ユーコム所属。これまでに『劇画ゴッドファーザー~マンガに革命を起こした男~』(WOWOW)や『たけし誕生~オイラの師匠と浅草~』(NHK/ギャラクシー賞奨励賞)などを企画・演出する。最新作は『師弟物語~人生を変えた出会い~「田中将大×野村克也」』(6/19<水>21時~ NHK-BSプレミアム放送予定)。映画評論サイト「CINEMORE」にて映画コラムも多数執筆する。