人の心を動かし、効果的に伝えるための技術とは? NHKエデュケーショナルの佐々木健一氏がテレビ制作者の技術論を丸裸にしていく本連載。今回は佐々木氏独特の「インタビュー相手を真正面から捉え、背景に照明で色をのせる手法」の裏側を、藤田岳夫カメラマンと語り尽くす(全2回)。

インタビュー相手を真正面から捉え、背景に照明で色をのせる手法(『ブレイブ 勇敢なる者』「えん罪弁護士」より)(C)NHK
インタビュー相手を真正面から捉え、背景に照明で色をのせる手法(『ブレイブ 勇敢なる者』「えん罪弁護士」より)(C)NHK
(左)佐々木健一氏
1977年生まれ。早稲田大学卒業後、NHKエデュケーショナル入社。『哲子の部屋』『ブレイブ 勇敢なる者』シリーズ「Mr.トルネード」「えん罪弁護士」など様々な特別番組を手がけ、ギャラクシー賞や放送文化基金賞、ATP賞などを受賞。著書に『辞書になった男』(文藝春秋/日本エッセイスト・クラブ賞)、『神は背番号に宿る』(新潮社/ミズノ・スポーツライター賞優秀賞)、『雪ぐ人』(NHK出版)などがある。

(右)藤田岳夫氏
1971年生まれ。東洋大学卒業後、テレビ番組などの撮影・技術業務を行うインフへ入社。NHKエデュケーショナル・佐々木健一ディレクターとは2009年『国民的ことばバラエティー みんなでニホンGO!』でコンビを組んで以来、『ブレイブ 勇敢なる者』シリーズや『ケンボー先生と山田先生』など多くの番組で撮影(ロケ)を担当。2016年『Dr.MITSUYA』で「MTロケ選奨」大賞を受賞。

賛否両論?「インタビューの背景に色をのせる手法」

佐々木 健一(以下、佐々木) 一般の人は、そもそもテレビ番組の「撮影」がどう行われているか、ほとんど知らないと思うんです。特にドキュメンタリーは、取材相手や目の前で起きていることを“ただ撮っている”と勘違いしていたり、誰が撮ってもさほど変わらないと思っていたりするかも、と。

藤田岳夫(以下、藤田) ええ、そうかもしれないですね。

佐々木 そこで、僕がもう10年もいろんな番組でコンビを組んでいるインフの藤田岳夫カメラマンに撮影現場のクリエイティビティーについて伺おうと思いまして。例えば、僕が企画・制作している『ブレイブ 勇敢なる者』というドキュメンタリー特番ですと、よく「インタビューの背景に照明でいろんな色をのせている手法」について聞かれます。

藤田 当初は「(インタビューの背景に)あんな色をのせて……」と批判されたこともあるんですよ。「自分の親があんなふうに撮られたらどう思うんだよ」と(笑)。

佐々木 同業者から? そんな否定的な(笑)。

藤田 そう。でも、どうなんですかね。そもそも、取材相手が皆、同じように見えてしまう問題をどうにかしようと考えて始めたことですからね。

佐々木 もともとは10年前にNHKの『みんなでニホンGO!』という日本語バラエティーで、僕が初めて藤田さんと組んだときに始めた手法ですよね。大学の研究者などに取材することが多かったんですが、大体“メガネをかけた中高年男性”がほとんど。しかも、研究室ってほとんど背景がグレーの壁か本棚だから、ほぼ見分けがつかない(笑)。それで、インタビューの背景に照明で色をのせて「この人はオレンジ色おじさん」「この人は青色おじさん」と認識してもらおうとした。

藤田 それで、話している内容を集中して聞けるなら、それはそれでいいと思うし。

佐々木 ドキュメンタリー番組でもこの手法を採用したのは、『Dr.MITSUYA~世界初のエイズ治療薬を発見した男~』(2015年)が最初でしたね。

藤田 主人公の満屋裕明先生の明るいキャラクターとも合っていましたね。でも、あのときも「背景に色をのせるのはおかしいんじゃないの?」という意見はありました。例えば、満屋先生が行きつけのすし屋に行くシーンがあって、それまで散々、背景に色をのせていたのに「あそこだけ、なんで普通の白壁の背景なの?」と言われたり。

行きつけのすし店での満屋裕明医師(『Dr.MITSUYA 世界初のエイズ治療薬を発見した男』より)(C)NHK
行きつけのすし店での満屋裕明医師(『Dr.MITSUYA 世界初のエイズ治療薬を発見した男』より)(C)NHK

佐々木 えー、そんな話が(笑)。

藤田 でも、あのシーンは、満屋先生がすごくリラックスしている様子が撮影できて、「ロケ隊と満屋先生の関係がすごくよかったね」と言ってくれる人もいました。

佐々木 その都度、シチュエーションやシーンの意味合いが全然違いますからね。