多くの人の心を動かすアイデアを生み出し、それを効果的に伝えるための技術とは?話題作『さよならテレビ』の土方宏史(ひじかた・こうじ)ディレクターとの対談3回目。テレビ局内部での密室シーンやロングショット時の会話の音声など、難易度の高い撮影や録音はいかにして可能になったのか。

 2018年9月に東海テレビで放送されたドキュメンタリー番組『さよならテレビ』は自社の報道局を取材対象に、視聴率と働き方改革の両方を求められる現場の反発や派遣社員記者の苦悩などを包み隠さず映し出し、テレビ業界で大きな反響を呼んだ。

 その中で気になるのが、看板キャスターが上司に密室で降板を告げられるシーンや被写体が遠くにいるロングショット映像でも会話の音声がクリアに録れていること。そこにはどんなテクニックがあったのだろうか。

(左)佐々木 健一氏
1977年生まれ。早稲田大学卒業後、NHKエデュケーショナル入社。『哲子の部屋』『ブレイブ 勇敢なる者』シリーズ「Mr.トルネード」「えん罪弁護士」など様々な特別番組を手がけ、ギャラクシー賞や放送文化基金賞、ATP賞などを受賞。著書に『辞書になった男』(文藝春秋/日本エッセイスト・クラブ賞)、『神は背番号に宿る』(新潮社/ミズノ・スポーツライター賞優秀賞)、『雪ぐ人』(NHK出版)などがある。
(右)土方 宏史氏
1976年生まれ。上智大学英文学科卒業後、東海テレビ入社。情報番組やバラエティー番組のAD、ディレクターを経験した後、報道部に異動。2014年より、愛知県警本部詰め記者。第52回ギャラクシー賞CM部門大賞、2014年ACC賞ゴールド賞、2015年ACC賞グランプリ(総務大臣賞)などを受賞。2014年『ホームレス理事長 退学球児再生計画』でドキュメンタリー映画を初監督。他の監督作品に『ヤクザと憲法』がある。