全5回
毎年4月に伊ミラノで開催される「ミラノ国際家具見本市」(以下、ミラノサローネ)。市内全域で同時開催される「ミラノデザインウィーク」と併せ、家具およびデザイン関連としては世界最大級規模を誇るイベントだ。いまや企業の先進性や独自性を世界に示すブランディングの場ともなっている。ミラノサローネで日本企業がどう存在感を見せているかリポートする。
  • 第1回
  • 2019.05.13
全長6メートル超のソファとテーブル ミラノを驚かせた日本の技
2019年4月に開催された「ミラノサローネ」と「ミラノデザインウィーク」。世界が注目するイベントで、独自の技術や素材を前面に出し、趣向を凝らした展示で存在感を示した日本企業を振り返る。第1回は家具メーカーのマルニ木工。米アップルの新社屋に製品が採用され、評価が上がっている。
  • 第2回
  • 2019.05.14
ソニーとヤマハ、得意技術が生み出す唯一無二の「体験」
118年に、ミラノデザインウィークに出展して多方面で話題を呼んだソニー。単独では11年ぶりの出展となったヤマハ。対照的な2社だが、独自の技術による新しい「体験」をお披露目した点で共通していた。製品化に即つなげるというより、インハウスデザイナーの発想力を引き出すといった狙いがありそうだ。
  • 第3回
  • 2019.05.15
ミラノデザインウィーク初挑戦 最新技術・職人技で顧客開拓狙う
大日本印刷と、ドアハンドルメーカーのユニオン(大阪・西区)。どちらもミラノデザインウィークに初出展。デザインの切り口で海外へ売り込む、世界の建築家たちと共同でものづくりをする足がかりをつくるといった狙いで、日本の美意識とともに自社の技術や職人の技を存分にアピールし、存在感を示した。
  • 第4回
  • 2019.05.16
AGCは技術を訴求、セイコーウオッチは情緒的に世界観を伝える
ミラノデザインウィークはブランディングの場であり、新規客を開拓する場でもある。参加企業の狙いによって展示内容も変わってくる。ニトムズやAGCが自社の商品、技術の可能性をアピールしたのに対し、セイコーウオッチは技術の裏にある情緒的な要素を伝えることに注力していた。
  • 第5回
  • 2019.05.17
ミラノサローネを飛躍台に 世界を目指す日本メーカーの存在感
カリモク家具やリッツウェルは、いわゆる大企業ではない。だが、以前から「世界」への進出を目指し、その足掛かりとして「ミラノサローネ」への出展を続けてきた。今では常連の一角を占め、国際的評価も上がっている。

関連特集・連載

「リーン・スタートアップ」導入実例
全6回
本日更新
テレビ屋のクリエイティブ術
ミラノサローネ2019
全5回
「日本版MaaS」元年の歩き方
全12回