文具メーカーのナカバヤシが販売する「LIFFESTYLE TOOL(ライフスタイルツール)」は、文具や趣味の道具、コスメなどの小物を整理するための収納用品だ。発売以来、順調に売り上げを伸ばしており、累計出荷数は50万個を突破した。「素材を変える」発想が成功に導いた。

ナカバヤシが販売する「LIFFESTYLE TOOL(ライフスタイルツール)」。仕事中は開いて使用し、仕事が終わればサッと閉じてコンパクトにしまえる
ナカバヤシが販売する「LIFFESTYLE TOOL(ライフスタイルツール)」。仕事中は開いて使用し、仕事が終わればサッと閉じてコンパクトにしまえる

 ライフスタイルツールは2016年4月に「ボックス」と「ファイル」の2タイプ、17年1月に「ペンスタンド」「ウォールボックス」「ドキュメントファイル」「レターケース」「収納カバン」の5タイプを発売し、現在はバリエーションが7タイプまで広がっている。収納用品は多くの企業がさまざまな商品を販売しているが、一つの商品が50万個ものヒットを飛ばす例はこれまであまりなかったという。

 共通するのは、仕事中は開いて使用し、仕事が終わればサッと閉じてコンパクトにしまえる点にある。閉じたケースは箱やファイルのような形状になり、デスクや棚の上にすっきりと置いておくことができる。部屋やデスク周りを簡単に整理整頓でき、美しく見せられるのが人気の秘密だ。

 本体は紙製で、ケースを開けると、幅や深さの違う数種類のポケットが登場。ペンやハサミ、のりなどさまざまな文具や小物を、それぞれのポケットに収納できる。

ケースを開けると、幅や深さの違う数種類のポケットや引き出しが登場し、それぞれに小物を収納できる。使用中は開いておき、使い終わったらサッと閉じて、箱やファイルのような形状で保管する。画像は16年4月に発売した「ボックス」タイプ(写真上がMタイプ2000円、中・下がSタイプ1400円、税別、以下同)
ケースを開けると、幅や深さの違う数種類のポケットや引き出しが登場し、それぞれに小物を収納できる。使用中は開いておき、使い終わったらサッと閉じて、箱やファイルのような形状で保管する。画像は16年4月に発売した「ボックス」タイプ(写真上がMタイプ2000円、中・下がSタイプ1400円、税別、以下同)

「新しい収納用品」を作れ!

 ナカバヤシの企画部門は「既存の製品に、付加価値を加えた製品を開発していく」という大きなテーマを持っている。ノマドやフリーアドレスなど最近のオフィス環境の変化も踏まえ、16年ごろには、「プラスチック収納以外の、新たなカテゴリ製品を考えてみよう」という動きがあった。

 当時のオフィス用収納用品といえば、プラスチック素材の箱型が多く、内部には仕切りのないものが一般的だった。プラスチックでは成形できる形に制約があるため、細かいポケットなどを作るのが難しかったからだ。そのため、収納用品に小物を収納しても、中で散らかり、使いにくいと感じているユーザーが多かったという。

 「そこで考えたのが、収納用品の素材を紙に変更することだった。紙なら、どんな形でも比較的簡単に作れるので、複雑な構造も再現できるだろうと思った」(ナカバヤシCCカンパニー企画部リーダーの笠原広平氏)。

 素材の制約を取り払い、自由な形の収納用品を作ろう──笠原氏がインスピレーションを受けたのは、ジュエリーボックスやプロ用のコスメ用品、東京の工芸品である江戸指物の箱だった。それらに共通する「箱を展開すると、たくさんの引き出しやポケットが出てくる」という構造を、文具に落とし込もうと考えたのだ。

 このアイデアを企画部内で話したところ、企画部リーダーの寺岡美里氏も同様のコンセプトを持っていたことが分かった。そこで、笠原氏はボックスタイプ、寺岡氏はファイルタイプを中心に、協力して開発を進めることになった。

ボックスタイプと同時に発売した「ファイル」タイプもある。ボックスタイプよりも大きく、卓上はもちろん、本棚などで保管するのにも向いている。オフィス用途だけでなく、薬箱やコスメボックスなど、さまざまな使い方ができ、キュートな印象のパステルカラーも用意(A4タイプ2900円、B5タイプ2300円)
ボックスタイプと同時に発売した「ファイル」タイプもある。ボックスタイプよりも大きく、卓上はもちろん、本棚などで保管するのにも向いている。オフィス用途だけでなく、薬箱やコスメボックスなど、さまざまな使い方ができ、キュートな印象のパステルカラーも用意(A4タイプ2900円、B5タイプ2300円)