人間の身体能力、認知能力を拡張する「人間拡張」テクノロジーを解説する新連載。そもそも人間拡張とは何か──ロボットを使った一種の二人羽織と言える遠隔共同作業システム「Fusion」、人の動きに合わせてドローンを操縦できる「フライング・ヘッド」といった先駆的な研究を例に解説する。

東京大学先端科学技術研究センター教授(身体情報学分野)の稲見昌彦氏が研究を進める遠隔共同作業システム「Fusion」
東京大学先端科学技術研究センター教授(身体情報学分野)の稲見昌彦氏が研究を進める遠隔共同作業システム「Fusion」

 2018年、EYはテクノロジーとビジネスの将来像に関するリポートを発表した。タイトルは「What's after what's next? The upside of disruption - Megatrends shaping 2018 and beyond.」(「『来る未来』の先に何があるのか?:ディスラプションからの価値創造」)。テクノロジーとビジネスの最新動向を調査、分析して、リポートをまとめたのはEYのシンクタンクEYQである。EYQはイスラエルに拠点を置くが、メンバーは世界中に散らばっている。

 新たなテクノロジーは既存の社会、既存のビジネスを揺さぶり、破壊する場合がある。しかし多くの場合、それほど大きなインパクトを持つ破壊的テクノロジーは、ただ破壊するだけでなく社会の構造、産業界の構造を根底から変え、新たな秩序も生みだす。破壊的テクノロジーは脅威であると同時に創造のチャンスでもあるのだ。

 どんなテクノロジーが将来、人類文明に破壊と創造をもたらすだろうか。EYQは、その筆頭に「人間拡張」を挙げている。人間拡張とは、人間がもともと持っている身体機能、知的能力、知能を強化することである。

顕微鏡も、自動車も人間拡張テクノロジー

 すべてのテクノロジーは何らかの意味で人間拡張テクノロジーである。食器、衣服、靴、文具、メガネ、自転車、自動車、顕微鏡、望遠鏡、パソコン、スマートフォンなど数え上げれば切りがないが、ありとあらゆる道具や機械は人間の能力を拡張している。言語(特に書き言葉)すら、思考の効率的な貯蔵、伝達を可能にする拡張テクノロジーであるという意見もある(エディンバラ大学哲学教授のアンディ・クラーク氏)。

 しかし、次世代の人間拡張テクノロジーがこれまで異なるのは、AI(人工知能)、情報工学、ロボット工学を組み合わせ、これまで厳然と区分けされていた現実と人工的なデジタル空間(仮想現実)、体と機械を融合することで、人間の可能性を劇的に広げようとしている点だ。

 バイオテクノロジーやナノテクノロジーを駆使して内部から改造し、人間の身体能力、知的能力を拡張させる試みもある。そのため最近の人間拡張テクノロジーは超人化テクノロジーとも呼ばれる。SF作品に登場するバットマン、アイアンマン、スパイダーマン、ガンダム、エヴァンゲリオンなどを実際に作りだすテクノロジーと言えば分かりやすいかもしれない。

 EYQのリポートは今後、人間拡張テクノロジーを利用した製品、サービスが次々に生まれるとともに、既存のビジネスの多くが破壊されると予想する。

 その中で、日本の産業界は、新たな製品、サービスを生みだせるのか、それとも破壊されるのか。