デジタルやイノベーションからカルチャーまで幅広い話題が繰り広げられるイベント「SXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)」。米テキサス州オースティンでの現地取材から、次のトレンドを探ります。
  • 第5回
  • 2019.04.01
SXSWで日本の食をお披露目 日本酒ゼリーやユニークなおでん
「SXSW 2019」では「食」に対する関心が高かった。日本の立命館大学などが開催した「The Kitchen Hacker's Guide to the Food Galaxy in SXSW」にも、約70人が参加。日本酒100%のゼリーや、日本のだしと西洋の素材を使ったユニークなおでんなど、日本の食文化を世界にアピールしていた。
  • 第4回
  • 2019.03.26
「塗るだけで消費期限延長」フードスタートアップ10社競う
SXSWは米オースティン市内の会場外でも多くの関連イベントが開催された。中でも食品関連のテクノロジーを扱うフードテックは、多くの来場者を集めるイベントだだ。「Food+City」のアワードでは、塗るだけで消費期限を延長する技術など10社がピッチを展開した。
  • 第3回
  • 2019.03.19
「鼓膜に合わせるヘッドホン」など13分野のイノベーションを表彰
SXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)には、様々な新製品やサービスを表彰するアワードも多く開催されている。中でもインタラクティブ・イノベーション・アワードはSXSWでも最大級で、2019年は人工知能(AI)を利用したヘルスケア領域の受賞が目立った。
  • 第2回
  • 2019.03.18
VR/AR活用製品がSXSWで目白押し 感情を可視化するデバイスも
2019年3月8~17日、米テキサス州オースチンで開催された「SXSW 2019」。Music/Film/Interactive/Comedyが融合した10日間のフェスティバルだ。世界中の注目を集めるこのイベントの中でも存在感が大きかった「Accenture Interactive House」をリポートする。
  • 第1回
  • 2019.03.13
「アマゾンの食品生産がウォルマートをつぶす」、未来学者が予測
デジタル社会やメディアの総合展SXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)が米テキサス州オースティンで2019年3月8日に開幕した。後半はミュージックや映画、芸術などのイベントに移行し、17日まで開催される。2018年は2000以上のセッションに約7万5000人、全体では約43万人もの参加者を集めた。

関連特集・連載

本日更新
テレビ屋のクリエイティブ術
ミラノサローネ2019
全6回
「日本版MaaS」元年の歩き方
イノベーション300
全10回