「100年に1度」の変革期にあるモビリティ業界で、新たに登場した先進的なビジネスモデルを分かりやすく図解する連載の第1回。2019年、最注目のビジネスキーワードとして浮上している「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」を解説しつつ、MaaSアプリと自動運転が織りなす未来の移動社会もビジュアライズする。

 就職活動をしている学生に「今後、自動車運転免許を取る必要はありますか?」と真剣な顔をして聞かれたことがあります。質問の真相は分かりませんが、自動運転開発が加速し、シェアリングサービスが少しずつ充実してきた昨今、少なくとも若者の間で、クルマをはじめとするモビリティに対する価値観が大きく変化してきていることは明らかではないでしょうか。

 みなさん初めまして。筆者は、世界最大の自動車部品メーカー、ボッシュに身を置きつつ、ブログサービスのnote(「新・モビリティビジネス論」)やNewsPicksなどで、業界の“中の人”の視点から自動運転やモビリティサービスを整理し、発言しています。今回の新連載「新世代モビリティサービス図解」では、今後モビリティがどう変革していき、どのような新ビジネスが世の中を変えていくのか。19年~2020年にかけて注目すべきモビリティサービスのビジネスモデルを理解するために、「お金の流れ」「情報の流れ」「モビリティサービスの流れ」に注目した図解を作成していきます。本連載を通じてサービスの本質的な価値が何か、考える機会になればと思っています。

 記念すべき第1回は、モビリティ関連のビジネスキーワードとして脚光を浴びている「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」を取り上げます。

 MaaSとは、公共交通機関、タクシー、モビリティのシェアリングサービスなど、色々な種類の交通サービスを1つのサービスとして捉え、シームレスにそれらをつなぎ、需要に応じて利用できる、新しい「移動」の概念のことです。世界中でさまざまなサービスが生まれ、モビリティの在り方に変化が起きてきています。その中で、今回紹介するのがフィンランドの首都ヘルシンキなどを中心に16年から提供を始めている、MaaS グローバルの「Whim(ウィム)」というサービスです。

MaaSグローバルが展開するアプリ「Whim」。経路検索をすると、バスやトラム(路面電車)など複数の交通手段を組み合わせて最適なルートを提示し、決済までできる
MaaSグローバルが展開するアプリ「Whim」。経路検索をすると、バスやトラム(路面電車)など複数の交通手段を組み合わせて最適なルートを提示し、決済までできる
【いきなり本文総まとめ】
NOW~MaaSアプリは今~
●目的地までの移動をより快適に効率的にするだけの「便利アプリ」ではなく、マイカー保有や新車購入に代わる新たな選択肢となるモビリティサービス

FUTURE~MaaSアプリは将来~
●自動運転サービスなどが加わることで、「移動」だけではなく、「衣・食・住」をも付加価値として提供する生活基盤となる
第2回
トヨタ「MaaS専用車」のビジネスモデル図解 物流や飲食店が大変革