ゲーム開発スタジオの倍増や大型タイトルのリリース、サブスクリプション型サービス「Xbox Game Pass」の開始、クラウドゲームプラットフォーム「Project xCloud」の推進など、ゲーム関連の新たな施策を相次いで発表しているマイクロソフト。攻勢に転じた同社の戦略を聞いた。

日本マイクロソフト執行役員常務 コンシューマー&デバイス事業本部長の檜山太郎氏
日本マイクロソフト執行役員常務 コンシューマー&デバイス事業本部長の檜山太郎氏

 家庭用ゲーム機の3大プラットフォームの1つ、マイクロソフトの「Xbox」。現行シリーズ「Xbox One」の販売台数は、グローバルで約4000万台(米VGChartz調べ)といわれる。“ライバル”として引き合いに出されることが多いソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のPlayStation 4が、2018年末に実売9160万台を突破したのと比べると存在感はやや小さい。

 しかし、ここにきて攻勢に転じている。18年6月に米ロサンゼルスで開催された世界最大級のゲーム見本市「Electronic Entertainment Expo(E3)」では、「ファーストパーティー」と呼ばれる自社向けゲーム開発スタジオを約2倍に拡充すると発表。大型タイトルのリリースを多数控えていることも明らかにした。

 さらに、毎月100タイトル以上のゲームが定額で遊べるサブスクリプション型サービス「Xbox Game Pass」をスタート(日本未導入)。クラウド技術を活用し、どんなデバイスからでもストリーミングでゲームが楽しめる「Project xCloud」の開始も予定している。

 現在、同社はゲームビジネスにどんな戦略で取り組んでいるのか。日本マイクロソフトの執行役員常務で、コンシューマー&デバイス事業本部長の檜山太郎氏に聞いた。

ゲームの重要度アップと共に社内組織も変化

マイクロソフトにおいて、ゲーム分野は現在、どんな位置付けでしょう?

マイクロソフトは、非常に大きなデジタルトランスフォーメーションの最中で、ゲーム分野はかなり中心的な位置付けになってきています。

 グローバルでXboxのプロジェクトを率いているのは、Gaming エグゼクティブ バイスプレジデントのフィル・スペンサーです。18年、CEOのサティア・ナデラに直接リポートを報告する、社内でも中心的なメンバーに仲間入りしました。この人事は、マイクロソフトにおけるゲーミングの位置付けの変化を示していると考えています。

マイクロソフトのゲーム事業を率いてきたフィル・スペンサー氏は、18年にGaming エグゼクティブ バイスプレジデントに就任。写真は、18年6月のElectronic Entertainment Expo(E3)
マイクロソフトのゲーム事業を率いてきたフィル・スペンサー氏は、18年にGaming エグゼクティブ バイスプレジデントに就任。写真は、18年6月のElectronic Entertainment Expo(E3)

 マイクロソフトの全世界共通の従業員証の裏には、12ワードのミッションが書いてあります。“Empower every person and every organization on the planet to achieve more.” 日本語に訳すと、「地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする」。それを真剣にサポートするんだというメッセージを込めており、我々が戦略を考えるときは必ずここに立ち返ります。

 ゲームに対するマイクロソフトの取り組みも、この考えに沿っています。世界の人口が約80億人。半分の40億人がネットにつながっているでしょう。さらにその半分の20億人がゲームをやっていると推測されます。そして、残りの20億人も、今後、ゲームをやる可能性がある。マイクロソフトとしては、ネットにつながっているすべての人がゲームをプレーするようにサポートしていこうというわけです。

 エンジンとなる技術は2つあります。1つは「インテリジェントクラウド」。これはプラットフォームとなるものです。もう1つは「インテリジェントエッジ」。末端のデバイス群を意味します。今までバラバラに動いていたプラットフォームとデバイス群をしっかり結び付けることで、お客さまの生産性を高め、やりたいことを実現できるようにしていきます。

 ゲームに関して、インテリジェントクラウドの鍵になるのは「コネクティビティー」「クラウド」「AI」の3つです。コネクティビティーとは機器連携のこと。機器をクラウドでつないでプラットフォームを構築します。そうしてできたプラットフォームをAIを使って運用します。

 もう少し具体的に言うと、機器連携の先に「Project xCloud」というクラウドゲームサービス(※)があり、これらをAIを使って運営して、20億人のユーザーが、様々な機器で、いつでもどこでもゲームができる環境を整えていこうというわけです。

※クラウドゲームとは、ゲームプログラムをクラウド上のサーバーで動作させ、処理した映像をストリーミングで配信するゲームのこと。

 また、今までのゲームではボスキャラを倒せば終わりでしたが、クラウドとAIを使えば、継続的にいろいろなストーリー展開を提供できるようになります。いわば「GaaS」(ゲーム・アズ・ア・サービス)という考え方です。

 一方、インテリジェントエッジについては、18年のE3で、50を超えるコンテンツを発表しました。ファーストパーティーといわれているマイクロソフトグループの中の開発スタジオの数も約2倍に増やすなど注力しています。