2019年3月期決算(第3四半期)段階で最高益を更新しているコーエーテクモホールディングス。中核を担うコーエーテクモゲームスが勢いづいている。苦戦してきたスマートフォンゲームでの成功体験を糧に、500万本級の家庭用ゲーム、月商10億円のスマホゲームを開発できるグローバル企業への成長を目指す。

コーエーテクモゲームスの鯉沼久史社長
コーエーテクモゲームスの鯉沼久史社長

中国でのスマホゲームの成功で自社の努力不足を認識

2018年は業績が好調ですが、要因は?

発表している決算の数字がよく見えるのは、3、4年前から進めてきた、IP(ゲームやキャラクターなどの知的財産)の強化・活用の取り組みがここで花開き、収益を押し上げてくれた結果だと考えています。18年は、家庭用ゲーム機向けパッケージタイトルだけではなく、スマホゲームアプリにもしっかり対応しようと社内に言い続けてきました。しかし、実際にはスマホゲームに舵(かじ)を切れない状態で、チャレンジするための仕込みを続けていた年だったと思います。

 具体的には、家庭用ゲームでセールス500万本級、スマホゲームで月商10億円級のタイトルを作るという目標を掲げてきました。家庭用ゲームでは『仁王』が全世界で長期間好調を維持していて、現在250万本を達成しました。目標には届いていませんが、次回作に向けて道筋が見えてきたと考えています。

 スマホゲームでは、IPを提供している『三國志2017(国内名は新三國志)』(開発は中国・四川天上友嘉網絡)のように、海外を含めて月商20億円規模になったタイトルはあります。しかし、当社が開発・運営しているわけではないので、自社制作のスマホゲームで月商10億円という目標は継続中です。

『三國志2017(新三國志)』は中国国内で成功しているのですね。

そうです。本来なら社内で開発すべきアプリだと思うのですが、我々にはできなかった。ただ、成功する確証は得られました。「IPが力不足で、スマホゲームで成功できない」のではなく、「我々のやり方が悪かったから、これまで成功しなかった」という事実を再認識しました。

 だから「他社が我々のIPで成功しているのだから、我々にもできないはずはない」という意識で、スマホゲームの開発、運営などの見直し作業に取り組んでいるところです。

 実は『三國志2017(新三國志)』の売り上げは、日本国内でも好調なんです。これまで、アジア各地域やグローバルで主流のアイテム課金(短時間にゲームを進行させる課金など)モデルは、日本ではあまり成功しないのではと思っていました。日本ではガチャによる課金モデルが一般的だからです。しかし、日本でもアイテム課金が通用するじゃないか、という発見がありました。

『仁王』(c)2017 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
『仁王』(c)2017 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
『三國志2017』(c)KOEI TECMO GAMES CO., LTD. All rights reserved.(c)Shanghai TCI Entertainment Technology Corp. All Rights Reserved.(c)Beijing Star World Technology Co., Ltd.All Rights Reserved.
『三國志2017』(c)KOEI TECMO GAMES CO., LTD. All rights reserved.(c)Shanghai TCI Entertainment Technology Corp. All Rights Reserved.(c)Beijing Star World Technology Co., Ltd.All Rights Reserved.
第6回
DMM GAMES、eスポーツ独自リーグやサブスクなどで新領域を開拓