米国ではサブスクリプション市場の一部に頭打ち感が出ている。2017年に上場したミールキット(食材セット)定期購入の米ブルーエプロン(Blue Apron)は、既に創業社長が退任し、株価も低迷している。米国の市場では何が起きているのだろうか。

ミールキット定期購入でサブスク市場の成長をけん引した米ブルーエプロン(Blue Apron)は2017年に上場した (c)rblfmr / Shutterstock.com
ミールキット定期購入でサブスク市場の成長をけん引した米ブルーエプロン(Blue Apron)は2017年に上場した (c)rblfmr / Shutterstock.com

 米国は空前の食ブームだ。「ホールフーズ(Whole Foods)」や「トレーダージョーズ(Trader Joe's)」といった遺伝子組み換えなし商品、オーガニック商品を扱う自然食品のスーパーマーケットは、食をめぐる安全性や健康志向の強まりによって存在感を増し、人々は生産者から直接購入可能なファーマーズマーケットへ出かけている。また、レストランへ行く前は入念にレビューや専門サイトで情報収集し、随分前から予約することも、長蛇の列に並ぶこともいとわない。今やシェフはホットな職業の一つで、「Netflix」上にも人気の食関連コンテンツが数多く存在する。

 ニューヨークに本社を置く12年創業のブルーエプロンは、自宅で自炊する内食と食材宅配の分野において、いち早くオンラインで革新的なサービスを提供し始めた企業の一つだ。忙しい富裕層をターゲットに、自宅で30分程度で作れるミールキットを定期的に宅配するサブスクサービスを提供している。