プレゼンテーションをするからには、相手の関心を引かなければ意味がない。勝負を分けるポイントは、プレゼンの聞き手が「知りたい」と思う内容になっているか。プレゼンの書籍を多数執筆してきた戸田覚氏が、相手に「刺さる」構成やタイトルを練るための方法を指南する。

スライド作りの前に、考えを整理し、相手が「聞きたくなる情報」を絞り込む作業が必要となる (c)Shutterstock

 プレゼンの準備をするために、いきなりスライドを作り始める人がいるが、ちょっと待ってほしい。スライドを作り始める際には、最初に構成を考えるべきだ。構成とは「中身とその順番」だと考えればよいだろう。書籍で言うところの目次をまず考えるわけだ。

 プレゼンが下手な方の多くは、ここをすっ飛ばしている。「どんなことを言いたいのか」が、漫然と頭の中にある状態で整理されていないのに、そのことに気付いていない。プレゼンの柱がまとまっていないのに、とりあえず会社の誰かが作成したスライドを探して、流用しようとする。もしくは、PowerPointのテンプレートからデザインが気に入ったものを探して作り始めてしまう。

 これでは、プレゼンがうまくいくわけがない。まず、プレゼンの目的と目標をはっきりさせようではないか。そうすることでゴールが明確に見えてくる。

チャートを組んで相手の関心事を探す

 プレゼンの目的は、明確に正しく「伝えること」だ。あなたが言いたいことを正確に伝えることができれば、それがゴールになる。だが、聞き手はあなたが伝えたいことに関心を持っているとは限らない。

 そこで重要になるのが、相手の聞きたいことをあぶり出す作業だ。つまり、前回簡単に触れた「キラーインフォメーション」を探すことから始める。

 今回は例として、ある新製品を紹介するプレゼンを作るとしよう。製品にはいくつもの特徴がある。普通に考えると、単に特徴を「3大ポイント」などとして並べていきたくなる。タイトルは、「待望の新製品 磨きあげた3つの魅力」といったところか。これで成功することもあるかもしれないが、その可能性はあまり高くない。自分が言いたいことしか伝えておらず、相手が聞きたいことを鍵にしていないからだ。

 聞き手に興味を持ってもらえるキラーインフォメーションをどう見いだすのか。手順を追って説明しよう。まず自分の持っている情報を整理し、考えを整理する。そのためには、フローチャート(流れ図、以下チャート)を作ってまとめていくとよい。いわゆるマインドマップといわれるものだ。

 マインドマップのなんたるかを知っている必要はなく、頭の中にある考えを流れに沿って整理するだけの話だ。僕はマインドマップのアプリを使っている。WordやExcelにもチャートを作成する機能があるが、専用のアプリの方が簡単に扱えるように操作性を工夫しているものが多いので、時短の効果が高いのだ。

 今回は、Windowsのアプリストアで購入できる「Mind Maps Classic」を使ってみた。自分にしっくりくるものが見つかり、チャートが作りやすければ、他のアプリでも問題ない。データ再利用の面で不利な面はあるが、もちろん紙とペンでも作成は可能だ。

 チャートを作るときには、頭の中で浮かんだ最も重要なポイントを数点記入し、それぞれについて連想した情報やアイデアを記入してつなげていく。最終的にプレゼンの中で不要になるものが含まれてもかまわないので、どんどんチャートを作っていく。つながりや位置がそぐわないと感じたら、入れ替える。

携帯ノートパソコンのプレゼンを作ると想定した例。まず製品の主要な特徴をピックアップする。Windowsアプリ「Mind Maps Classic」を使用した
それぞれの特徴を客観的にとらえ、情報を追加していく。顧客(プレゼンの相手)にとって本当に価値がある情報かを判断するため、あえて否定的な視点も盛り込む。ここの例では、顧客視点で考えると、バランスのよい性能や機能を持ちつつ適正価格であることが魅力なのだと見えてきた
第1回
良いプレゼンを短時間で作る大原則 自分の強みと聞き手を考慮
第3回
10分でスライド1枚 超時短スライド作成術の基本は「7枚集約」