全米小売協会(NRF)は2019年2月5日、米国の小売業の同年の売上高予測を発表した。前年比で最大4.4%成長し、418兆円以上の産業になる見通しだ。ネットなど無店舗業態の好調がけん引する。ネットで購入し、店舗で受け取る「BOPIS」が、リアル店舗を持つ小売業にとっても重要なキーワードになっている。

全米小売業の売上高予測(出所:NRF)

 「(中国との)貿易戦争、政府機関の閉鎖の影響があっても、小売業の売り上げは伸び続ける」

 NRFは5日に発表した予測の冒頭でこう指摘し、2019年は前年比で3.8から4.4%成長し、3兆8000億ドル(約418兆円)以上になるとの予測を示した。18年は同4.6%成長で3兆6800億ドルだった。

2019年の小売業の前年比成長率は微減の見通し(出所:NRF)

 NRFのチーフエコノミストであるジャック・クレインヘンズ氏は、「消費者はここ数年のどの時点よりもいい状態にある。今後1年間は雇用市場の継続的な強さが重要となり、それが消費者所得と支出を支えていく。株式市場の浮き沈み、その他の不確実性があるが、経済は好調で確実に成長していく」と説明する。

 強気の予測の背景には、ネットや無店舗の販売の伸びがある。18年に前年比で10.4%伸長し、19年も10~12%の増が見込まれるとしている。

第4回
これが近未来だ 米アマゾン本社の「AIマンション」に潜入
第6回
女性カジュアル、幼児服、年明け早々から破綻続く米専門店