全5回
AIの重要性が叫ばれながら日本ではなかなか活用が進まない一方、AI先進国・米中は豊富な人材と資金をテコに開発においても活用においても一歩先を行く。その現場ではどんな人材が活躍しているのか。実際にどこまで活用が進んでいるのか。AI先進国の実力をリポートする。
  • 第1回
  • 2019.01.15
AI×専門医で診断ミス0.1% 中国AIスタートアップの実力
AI(人工知能)の研究開発もビジネス活用も日本より一歩進んでいる米国と中国、そのAI先進国の実力をリポートする特集の第1回。300を超える中国の医療機関では既に、AIによる医療画像診断支援システムの活用が進んでいる。システムを提供しているのは、AIスタートアップ企業のINFERVISIONだ。開発部隊は米国や英国などの大学・大学院の留学経験がある20代のエンジニア約100人。
  • 第2回
  • 2019.01.16
農業の生産性40倍向上、AI自動運転 中国ユニコーンが狙う日本
AI(人工知能)の研究開発もビジネス活用も日本より一歩進んでいる米国と中国。そのAI先進国の実力を紹介する特集の第2回。商用ドローンで世界シェア7割を誇るDJIやディープラーニングによる高い顔認識技術を持つセンスタイムは、中国を代表するユニコーン企業(評価額が10億ドル以上の未上場企業)だ。製品化するスピードは、一般的な日本企業を上回る。
  • 第3回
  • 2019.01.17
米国でクルマ向けAIの普及進む19年 賃貸マンションにもAI搭載
米国では身近な人工知能(AI)としてAIボイスアシスタントが生活に浸透しつつある。米アマゾン・ドット・コムと米グーグルの2強が市場を確立するため、膨大な資金と人的リソースを投下している。AIボイスアシスタントは生活を便利にするのが目的だ。マンションの機能をAIで制御しようとするスタートアップも登場した。
  • 第4回
  • 2019.01.18
経営にAI担当、米スタートアップやテック大手は当たり前に
米国ではビジネスモデルを実現するため、人工知能(AI)やビッグデータを当然のように利用している。的確かつ迅速な判断のため、AI担当者を経営の近くに置くケースもある。AI活用を始めた日本企業にとっても参考になる。
  • 第5回
  • 2019.01.18
「日本流の人事評価がAI導入を阻害」AIベンチャー社長の危機感
米国や中国では、AI(人工知能)を使ったソリューションを積極的に採用して成果を上げる企業が多いが、日本では少なく、それどころか導入さえしない企業が珍しくない。日本のAIベンチャーの1社、ABEJA(東京・港)の岡田陽介代表取締役に、日本企業がAI導入で後れを取る理由と今後の改善策を聞いた。

関連特集・連載

中国14億人のデジタル社会実装
日本からは見えないアリババの実力
全5回
中国で地歩を固める日本企業の戦略
全5回
本日更新
海外翻訳 Fast Company ピックアップ