AI(人工知能)の研究開発もビジネス活用も日本より一歩進んでいる米国と中国、そのAI先進国の実力をリポートする特集の第1回。300を超える中国の医療機関では既に、AIによる医療画像診断支援システムの活用が進んでいる。システムを提供しているのは、AIスタートアップ企業のINFERVISIONだ。開発部隊は米国や英国などの大学・大学院の留学経験がある20代のエンジニア約100人。

中国でもトップクラスの医療レベルと規模を誇る首都医科大学附属北京友誼病院。この病院で医療画像診断を担当している張暁潔(Amie Zhang)医師はこの1~2年、INFERVISIONのAI医療画像診断支援システムを活用し、同システムの診断精度向上に取り組んでいる

 「これまで10分かかっていた医療画像の診断とリポート作成が、INFERVISIONのAI医療画像診断支援システムを使うと5秒に短縮される」

 こう話すのは、中国でもトップクラスの医療と規模を誇る首都医科大学附属北京友誼病院で、医療画像診断を担当している張暁潔(Amie Zhang)医師だ。張医師はこの1~2年、同システムを活用し、AIが異常箇所の診断を誤った場合に該当箇所をマーキングして修正。これをINFERVISIONにフィードバックしてきた。その結果、最近ではAIと医師の組み合わせで、診断ミスは0.1%程度まで下がったという。

 INFERVISIONのシステム「InferRead CT-Lung」は、「同じ患者の以前撮影した医療画像と現在の医療画像を同時に表示してくれるので、違いが把握しやすい」と張医師は話す。まずAIが医療画像を診断して、肺の病気になるとできる異常な箇所である「結節」をマーキング。結節の種類やサイズ、位置を表示する。医療画像を拡大できるので、AIがマーキングした異常箇所を医師が本当に異常かどうか明確に判断できる。もし異常でなければ、医師が修正してINFERVISIONにフィードバックしているというわけだ。

肺ガンが重症化する前に処置が可能に

 現在のINFERVISIONのシステムは肺の結節発見機能だけだが、肺ガンが重症化する前に発見して医師が処置できる可能性が高まったという。「医師は疲れてくると、診断ミスをしがちだが、INFERVISIONのシステムによって見落としが減り、医師の労働時間も大きく改善した」と、張医師はシステム効用について解説する。

 中国では既に300を超える医療機関で、INFERVISIONの医療画像診断支援システムが使われている。現在INFERVISIONは中国をはじめ、米国や日本などでも、医療機器としての認可を申請している。今後認可が下り次第、正式導入になる。

 ちなみに北京友誼病院の「友誼」とは、友好を意味する。友誼病院は、43の臨床部門と医療技術部門、1200以上のベッドを有する。

首都医科大学附属北京友誼病院は、中国における最大規模を誇る総合病院

 張医師によれば、「1970年代、80年代の中国には、CT(コンピューター断層撮影)システムやMRI(磁気共鳴画像法)システムはなく、90年代になってようやく外国製のCTやMRIを導入するようになった」という。張医師は2000年ごろに中国の大学で医学を学ぶようになり、北京大学の医学博士号を取得している才女だ。「中国には、張医師のような若くて優秀な医師がたくさんいて、INFERVISIONなどのAI医療画像診断支援システムの開発に積極的に協力していただいている」INFERVISION日本法人Infervision.Japanの郭暁㬢(Xiaoxi Guo)取締役はこう語る。

 中国は文字通り国を挙げてAIに関する産業支援を行っている。17年7月中国国務院はAI促進計画として「次世代AI発展計画」を打ち出し、30年までに中国のAI技術を世界最先端のレベルに引き上げ、AI関連産業を10兆元(約160兆円)超の市場規模に拡大させる目標を掲げた。

第2回
農業の生産性40倍向上、AI自動運転 中国ユニコーンが狙う日本