業績不振のキャンプ場を抱えた自治体は少なくない。スノーピークは、キャンプイベントなどのノウハウを生かしてキャンプ場再生に乗り出した。実際、宿泊売り上げが倍増し、物販の売り上げが5000万に達した例もある。同社は直営キャンプ場を増やし、新規ユーザーの獲得を狙う。

「スノーピークおち仁淀川」(写真/守口王仁)

 スノーピークは全国のキャンプ場の再生などを通じて、地域の活性化にも取り組んでいる。

 同社は、「人生に野遊びを。」というコーポレートメッセージを掲げ、自然と共に生きることで人間性を回復するライフスタイル提案をミッションとしている。地方創生事業もそうしたミッションの延長上にある。

 「我々が持っているキャンパーの価値観や野遊びのノウハウを地域活性化に役立てたい」と同事業を推進するスノーピーク地方創生コンサルティングの前社長、上山桂氏( 2019 年1 月1 日付で、執行役員 経営管理本部長CFO 兼経営企画室長CCPOに就任)は言う。

 さらにもう1 つのバックボーンとして、スノーピークが燕三条に根を下ろし、企業活動を続けてきたこともある。同社は、地域に点在する金属加工などの町工場をオートキャンプ製品の生産に巻き込み、共に成長してきた。こうした経験を他の地域の活性化にも生かすことができる。

スノーピーク地方創生コンサルティング前社長の上山桂氏(写真/花井智子)

県外の利用者が年間約4000人

 スノーピークが監修したキャンプ場の中で最新の事例が、18 年4 月にオープンした「スノーピークおち仁淀川」だ。その名の通り、高知県高岡郡越知町の仁淀川沿いにある。仁淀川は四国三大河川の1 つで、透明感が高く独特な青色の流れは「仁淀ブルー」として知られている。

 現在、越知町には仁淀川沿いを中心に10 カ所ほどのキャンプ場が点在している。仁淀川は大変な暴れ川でもあり、台風などで大雨が降ると一気に水量が増す。増水時には水没して流れの力をやり過ごす沈下橋がいくつも架けられているのが景観の特徴になっている。川沿いをキャンプ場にしても、トイレや水道は水没の心配がない高台につくる必要があり、不便だった。

 「越知町の最大の資産は自然。自然を活用して、外から来た人に滞在してもらえるような環境をつくりたい」と小田保行町長は言う。しかし、豊かな自然はあっても、それを楽しめるコンテンツとして提供するノウハウがなかった。15 年に人を介して山井太社長と知り合ったことで、光明が差し込んだ。

スノーピークおち仁淀川に併設されたショップ。ここでしか買えないオリジナル商品もそろえている

 「スノーピークの本社を訪ねて、地元にある良いものを大切にするという地域に根差した企業姿勢に共感を覚えた」と小田町長。川の流れを見下ろすデッキに、隈研吾氏と共同開発したモバイルハウス「住箱─JYUBAKO─」を設置したり、川下りのアクティビティーを運営したりするなど、その場にある自然を最大限に生かしながら、スノーピークの視点から手を加えることで場所がよみがえって土地の魅力を引き出した。「我々が当たり前だと思っているものが、都市部の人の目には魅力的に見えることを、スノーピークは実際に形にしてくれた」(小田町長)。

 18 年4 月のオープンから10 月までの半年で利用者は約6000 人、そのうち約4000 人が県外からの客だ。オープンまではこれがほぼゼロだったし、商店や飲食店でも「県外ナンバーの車が随分増えた」と、間違いなく経済効果が上がっていることを実感しているという。19 年には、現在地より上流の市街地中心に近い場所にもう1 カ所拠点をオープンし、両者を川下りの始点と終点の「川の駅」として連携させる予定だ。

隈研吾氏設計のモバイルハウス「住箱─JYUBAKO─」が10棟用意され、手ぶらで来てもキャンプができる。住箱内部は水道やエアコンも完備。狭いながらも眺めの良い快適な空間だ
第3回
サントリー無糖炭酸水の販売数が2倍に 実はスノーピークと開発
第5回
スノーピーク社長、10年で売り上げ4倍超 国内外でBtoBを拡大