マーケティングのプロであるネスレ日本の石橋昌文氏が選定した『未来の年表』は、日本の行く末を具体的に提示した“予測本”。ビジネス戦略を立てる際、手元に置くべき一冊だ。

石橋昌文氏が推す3冊

ビジネスに効く!プロ仕事人が厳選「何度も読みたい必携の名著」(画像)

ネスレ日本 専務執行役員 チーフ・マーケティング・オフィサー マーケティング&コミュニケーションズ本部長
17年よりネスレ日本専務執行役員。現在はCMOとして、マーケティング力を発揮させる役割を担う。日本マーケテ ィング協会常任理事


少子高齢化社会の到来を具体的に予測したベストセラー

『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』
河合雅司/講談社
税込み821円

「20年、女性の2人に1人が50歳以上」「24年、3人に1人が65歳以上」「33年、全国の住宅の3戸に1戸が空き家」など、将来推計人口データで日本の未来を提示。

「高齢化が進む社会がもたらす新しい現実は、日本における『静かなる有事』。多くの人に読んでもらいたい本」(石橋氏)
「高齢化が進む社会がもたらす新しい現実は、日本における『静かなる有事』。多くの人に読んでもらいたい本」(石橋氏)

仕事を軌道に乗せたいリーダー必読の書

『ハーバード・ビジネス式 マネジメント 最初の90日で成果を出す技術』
マイケル・ワトキンス、村井章子(訳)/アスペクト
税込み2376円

 新任リーダーは就任直後の90日が勝敗を分ける。キャリアを棒に振ることなく順調に仕事を軌道に乗せるための、昇進後の移行期90日を乗り切るためのロードマップを提示。

「スムーズなトランジションを行うための具体的な方法が書かれている。私自身、研修時に読んだことで非常に役立った」(石橋氏)
「スムーズなトランジションを行うための具体的な方法が書かれている。私自身、研修時に読んだことで非常に役立った」(石橋氏)

自分の強みを生かすヒントやアイデアが満載

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』
トム・ラス、古屋博子(訳)/日本経済新聞出版社
税込み1944円

 仕事や人生で成功するには、自分の強みと生かし方を知ること。本に記されたIDを使い、ストレングス・ファインダーというサイトで隠れた才能に気づける。

「強みを生かすか弱みを改善するかは、人材育成で問われる部分。本書では強みを再発見できる」(石橋氏)
「強みを生かすか弱みを改善するかは、人材育成で問われる部分。本書では強みを再発見できる」(石橋氏)