一方、マクアケ社長の中山亮太郎氏が挙げた『ここらで広告コピーの本当の話をします。』は、クリエーターの小霜和也氏が書いたコピーライティングの「教科書」。特に、広告や販促に携わる人は手に取るといい。

中山亮太郎氏が推す3冊

ビジネスに効く!プロ仕事人が厳選「何度も読みたい必携の名著」(画像)

マクアケ 社長
13年にサイバーエージェント・クラウドファンディングを設立し、社長に就任。同年、クラウドファンディングサービス「Makuake(マクアケ)」をリリース


17年間日本での出版が認められなかった「幻の名著」

『ザ・ゴール 企業の究極の目的とは何か』
エリヤフ・ゴールドラット、三本木亮(訳)/ダイヤモンド社
税込み1728円

 企業の目的は長期にわたりお金をもうけること。機械メーカーの工場長である主人公が展開する物語から、目的達成のための合理的な思考プロセスを説く。

「企業はミッションだけでなく、オペレーション改善という実務も重要。それにより、不可能が可能になると実感」(中山氏)
「企業はミッションだけでなく、オペレーション改善という実務も重要。それにより、不可能が可能になると実感」(中山氏)

成功を収める戦略に潜む「ストーリー」を学ぶ

『ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件』
楠木建/東洋経済新報社
税込み3024円

 優れた戦略には、思わず人に話したくなるようなストーリーが組み立てられている。企業の成功事例を基に、競争戦略の背景にある考え方や競争優位をもたらす論理を明らかにする。

「ゴールを決めるためのキラーパスとなる『クリテ ィカル・コア』の概念が、わかりやすく実践的に書かれている」(中山氏)
「ゴールを決めるためのキラーパスとなる『クリテ ィカル・コア』の概念が、わかりやすく実践的に書かれている」(中山氏)

お金を生むコピーライティングの秘訣が分かる

『ここらで広告コピーの本当の話をします。』
小霜和也/宣伝会議
税込み1836円

 広告キャンペーンでプレイステーションに全盛期をもたらし、今なお最前線で活躍するクリエーターによる「コピー 1本で100万円請求するための教科書」。

「商品の魅力を発揮させる方法だけでなく、クリエーティブディレクションも学べる一冊」(中山氏)
「商品の魅力を発揮させる方法だけでなく、クリエーティブディレクションも学べる一冊」(中山氏)