※日経トレンディ 2019年1月号の記事を再構成

売れている本イコール「読むべき本」とは限らない。2018年に話題になったヒット本のうち、実際に読んだ人が周囲に薦めたいと思ったビジネス書は何か。特集の第3回は社会人1000人と日経クロストレンドのコメンテーターにアンケート調査を実施し、本当に読む価値のある本をランキング化した。

 激戦を勝ち抜き1位にランクインしたのは、『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』。書店で平積みになっているのを目にした人も多いだろう。歴史から文学、科学、哲学、宗教まで、教養を高めるうえで役立つ知識を365日分収録した本だ。1日1ページずつ読むだけで、1年後には教養が手軽にバランスよく身に付くと高評価で、ビジネスパーソンの支持を多く集めた。

【1位】1日1ページで教養が身に付く。曜日ごとに7分野の知識を収録

『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』
デイヴィッド・S・キダー、ノア・D・オッペンハイム、小林朋則(訳)/文響社
税込み2570円

 教養を高める知識を1日1ページ、365日分収録。月曜は歴史、火曜は文学、水曜は芸術など、曜日別に7分野の知的好奇心を刺激する情報を掲載。読破すると、歴史から宗教までバランスよく教養が身に付く。

1000人が選んだ「周囲に薦めたいビジネス本」ランキング30冊(画像)
昼間 匠氏
リブロプラス 商品部 BOOKグループ BOOKチーム チーム長


「人生100年時代に、興味関心の幅を広げるべく、教養をバランスよく身に付けたいとのニーズは高い。書店でも非常に動きが良かった1冊」
1000人が選んだ「周囲に薦めたいビジネス本」ランキング30冊(画像)
土井英司氏
エリエス・ブック・コンサルティング代表取締役、ビジネス書評家


「内容は西洋目線の教養が中心で、ビジネスシーンで西洋のエリートと会話をする際に不可欠な知識ばかり。旅行や海外出張前に読むのもいい」

 主にプロ仕事人からの評価が高かったのが、2位の『amazon』。元マイクロソフト日本法人社長の成毛眞氏が記した本で、巨大帝国アマゾンの経営戦略を多角的に解説している。「アマゾンを知ることは、最新の経営やビジネスを学ぶうえで非常に効率のいい学習機会となる。自分が利用しているサービスの背景にある戦略を知ることで、なるほどと実感しやすい点も魅力だ」(favy代表取締役社長の高梨功氏)。

【2位】収益構造からAI技術まで。アマゾンに学ぶ最新経営術

『amazon 世界最先端の戦略がわかる』
成毛眞/ダイヤモンド社
税込み1836円

 著者は元マイクロソフト日本法人社長。キャッシュフローの仕組みからテクノロジーまで、爆発的に拡大する「巨大帝国」アマゾンの経営戦略をひもときながら、最新の経営やビジネス感覚とは何かを解説する。

1000人が選んだ「周囲に薦めたいビジネス本」ランキング30冊(画像)
中山亮太郎氏
マクアケ代表取締役社長


「“アマゾン生態系”のポテンシャルや、日本企業には見られない斬新なキャッシュフローの考え方などが多角的に整理されていて読み応えがある」
1000人が選んだ「周囲に薦めたいビジネス本」ランキング30冊(画像)
高梨 功氏
favy代表取締役社長


「アマゾンを知ることは、最新ビジネスを効率よく学ぶことにつながる。自分が利用しているサービスだからこそ、戦略を実感とともに学べる」