産業構造を激変させる第5世代移動通信システム「5G」が2019年にも登場する。すでに大手キャリアが陣取り合戦を繰り広げているのが、革新的なサービスの創出だ。従来のスマホを中心としたBtoCビジネスから、BtoBtoXのサービス“共創”へと軸足の移行が求められている。特集の第1回ではソフトバンクの戦略を探った。

4~12月期として連結純利益が初めて1兆円を超えた2018年2月の決算発表で、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は「5Gをリードする」との決意を示した(Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 ヒトの1世代は30年とされる。それに比べてテクノロジーの進化は驚くほど早い。そもそも携帯電話が誕生したのは、30年余り前。ヒトが生まれて親になるほどの間に、モバイル通信の規格は、第4世代(4G、Gとはジェネレーションの略)まで達している。

 00年代に広がったのは3G(第3世代)だった。デジタル化が進み、携帯端末でネットにつなぐのが当たり前になった。まだガラケーの全盛期である。4Gになって通信速度が劇的に上がり、スマートフォンが普及。動画配信が急速に広がった。4Gは次世代高速通信の代表格とされ、一つの到達点を迎えたが、その4Gのスペックをはるかにしのぐのが5Gである。

データ通信からIoTの時代へ

 10Gbpsを超える「高速・大容量」に加え、通信の遅れは1000分の1秒と限りなくリアルタイムに近い「低遅延」、それが1㎢当たり100万台以上の端末に「多接続」できるようになる。

 「3Gが電話回線の時代とすれば、4Gはデータ通信の時代。5Gとはサービスをデリバーするネットワーク。あらゆるモノがネットにつながるIoTそのものだ」とソフトバンクの湧川隆次先端技術開発本部長は考える。

 例えば、高速・大容量、低遅延、多接続という5Gの特徴をすべて生かせる大本命とされているのは自動運転技術だろう。また、大都市と地方の診療所などを結んだ遠隔医療も期待される。高精細な画像伝送が広がれば顔認識の精度が格段に高まり、迷子がなくなるかもしれない。つまり、アイデア次第で、この世のあらゆるモノにイノベーションを起こし得るインフラが5Gなのだ。

 スマホがビジネスの主役でなくなる時代、「キャリアのビジネスモデルはBtoCから『BtoBtoX』に変わる」(湧川氏)。通信キャリアは消費者(C)にスマホを売るベンダーではなく、5Gというインフラを使って他社(B)と共にサービスを作り上げる存在になる。この“共創する”という考えを形にした施設をソフトバンクは東京・台場に用意した。

 5月にオープンした「5G×IoT Studio」のお台場ラボは、その名の通り、5GとIoTを掛け合わせ、新しいサービスを生むための実験拠点。英アーム、米エヌビディア、米インテルの高性能サーバーを導入し、AI(人工知能)解析やストリーム処理、演算処理など、得意分野に応じて使い分けられるようにした。

 無線だけでなく、インフラを含めてすべてを提供しているのが特徴で、企業が持っているアイデアを5Gに乗せて、トライアンドエラーを繰り返せる。すでに100社以上がこのラボを訪れ、新しいビジネスの萌芽(ほうが)を探っている。

ソフトバンクが東京・台場に開設した「5G×IoT Studio」のお台場ラボ。他社と共に5Gサービスを生み出す共創拠点となる(写真提供/ソフトバンク)

 こうしたラボはNTTドコモやKDDIも開設している。目的は同じだ。

 「5Gを使えば何でもできてしまう。そこが面白さでもあり、キャリアとしての課題。キャリアは単一のインフラを作るのはものすごくうまいが、本当にイノベーティブなものというのは、キャリアがいくら考えても出てこない」(湧川氏)。

 湧川氏の表現を借りると、イノベーションはキャリアの中に入れてしまうと起きない。キャリアがいい、悪いと判断している限り、イノベーションは起きないという。

 もちろん、全く新しいサービスを作り出し、イノベーションを起こすのがゴールだ。しかし、「まずは今あるモノが無線でつながるとこれだけよくなる、こんなこともできる、ということを企業に体感してもらわなければ、先に進まない」(湧川氏)。5Gというインフラを、まずは使ってもらう場として、こうしたラボが重要になるというわけだ。

4Gも進化していく

 しかし、いくら革新的な通信規格であっても、それが社会にあまねく広がらないと宝の持ち腐れとなる。来るべき5G時代にソフトバンクは何を考え、どう行動していくのか。

 まず、大前提として「5Gの時代には、LTE(4G)も進化していく。5GでもLTEでも、用途に応じて使うインフラを変えられる」(湧川氏)。

 ソフトバンクは、「Massive MIMO(マッシブマイモ)」という技術を、世界に先駆けて4Gに導入。5Gの必須要素とされる技術で、これまで大人数でシェアしていた通信を、一人一人に割り当てる。こうした技術革新により、「ギガモンスター」をはじめ、LTEでもある程度、高速・大容量の通信サービスを提供できている。一方、5Gには弱点がある。周波数が高いゆえに直進性も高く、ビルなどの障害物に遮られやすいのだ。そこで、ソフトバンクは、LTEも5Gもそれぞれ増強することで、より多くの企業のニーズに応えられるプラットフォームになることを目指している。

 5Gの時代には、スマホ側の課題もクローズアップされる。毎秒10GBもの大容量データを処理できる端末がすぐに出てくるとも思えない。そこで採用するのが、エッジコンピューティングである。

 例えば、基地局の裏に高性能なマシンを並べ、そこでデータを処理する。データを加工し最適化すれば、スマホに負荷をかけずに済む。データをクラウドに上げればいいと思われがちだが、そもそもクラウドから端末に届けるまで時間がかかる。あくまでもエッジで処理(端末の近くのネットワークで分散処理)することに意味があるのだ。

新しい企業連合が生まれる

 10月4日、ソフトバンクは自動運転技術などを見据え、トヨタ自動車と手を組むことを発表した。新会社「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)」を共同出資で設立し、18年度中に事業に乗り出す。将来的に5Gを事業に活用することは間違いないはずだ。5G時代には、こうした新しい企業連合が次々と生まれるだろう。

ソフトバンクは、自動運転など次世代の移動サービス(MaaS)を見据えてトヨタ自動車と提携した

 折しも、このほど開かれた総務省の公開ヒアリングで、5Gのプレサービスが19年夏にも始まることが明らかになった。予定より1年前倒しされることになる。

 湧川氏は語る。「コンシューマー(消費者)一辺倒ではなく、さまざまな業種に顧客が広がる。5Gというインフラが出た瞬間に具体的な商材を出し、スタートダッシュを決めたい。無線だけでなく、ネットワークも含めてすべてエンドトゥエンドで提供していく。最もいい形でインフラを提供できたキャリアが勝つと思う」。

 ソフトバンクは近年、投資会社としての側面を強めている。次なるフェーズを見据えて態勢も大きく変え、世界有数のイノベーティブな会社を自らの投資のポートフォリオに入れている。「自分たちが(イノベーションを)起こせないのなら、起こせた人を連れてくる、というのも一つの戦略」(湧川氏)という。

 映像一つをとってもサービスはいくらでも作り込める。新たなインフラに、インパクトのあるサービスをどのように盛り込んでいくかは、まさにキャリアの腕の見せどころだ。

第2回記事はこちら → NTTドコモは5Gサービスの開発で企業同士のマッチングを促す

■変更履歴
写真および本文中の「5G×IoT Studio」説明部分を補足しました。 [2018/10/30 11:30]