米アマゾン・ドット・コムでデバイス部門 Smart Home事業担当 バイス・プレジデント(VP)のダニエル・ラウシュ氏は2018年11月29日、イベント「日経クロストレンド EXPO 2018」に登壇。提供開始から4年たった音声AI(人工知能)「Amazon Alexa」の利用実態やエコシステム戦略を語った。

「日経クロストレンド EXPO 2018」に登壇した米アマゾン・ドット・コム デバイス部門 Smart Home事業担当 バイス・プレジデント(VP)のダニエル・ラウシュ氏

 家庭内の電化製品やAV機器をネットワークに接続し、一元的に管理するスマートホーム。現在、その中核を担うデバイスとして注目されているのが、音声認識技術を搭載したスマートスピーカーだ。話しかけるだけで照明を点灯させたり、リクエストに応じて選曲をしたりする。

Alexa、1億回以上のジョークを強要される

 ラウシュ氏は「Amazonが創る音声ファーストの未来 ~日常生活に浸透し、快適な日々を支える存在となる音声ファースト~」と題した講演で、「Alexaは誕生してから4年しかたっていない。現在のAlexaは、進歩の表面をかすっただけの(未熟な)レベルだが、その潜在的な可能性は無限大だ」と力説した。

 現在、アマゾンではAlexaを搭載したスマートスピーカーの「Amazon Echo」「Echo Dot」をはじめ、10.1インチのHDタッチスクリーンを搭載した「Amazon Echo Show」、アンプ機能を搭載した「Amazon Echo Link/Echo Link Amp」などを発売している。特にEcho Dotは30~50ドル程度で購入できるため、米国では各部屋に1台ずつEcho Dotなどを置く家庭も珍しくない。

 当初、アマゾンではAlexaの使い方について「音声コマンド入力としての役割が大半」(ラウシュ氏)になると考えていた。しかし、ユーザーは、Alexaを日常生活のなかに取り込み、あたかも家族の一員のように扱っているという。

 「ユーザーはAlexaにさまざまな要求をしている。サービス開始から4年間でAlexaは、100万回『Happy Birthday』を歌い、1億回以上ジョークを提供してきた(笑)」(ラウシュ氏)。

レシピ表示や出前注文も 12月発売「Echo Show」を先取り体験
害虫退治から万引き防止や空港保安まで 画像認識事例の最先端