複数の条件に合うデータの平均を求める「AVERAGEIFS」関数。基本的な使い方に加えて、仕事に役立つ実例も紹介する。

複数の条件に合うデータの平均を求めるAVERAGEIFS(アベレージイフエス)

 「AVERAGEIF」関数が1つの条件に合ったデータの平均を求めるのに対し、「AVERAGEIFS」関数は、複数の条件を指定できる。「男性でかつ営業部」や「情報処理が60点以上かつ英語が70点以上」など、いずれの条件も満たすデータの平均を求めることができる。条件は最大127個まで指定できる。

書式

書式 AVERAGEIFS(対象範囲,範囲1,条件1,範囲2,条件2,…)
対象範囲(必須) 平均を求めたい数値が入力されているセル範囲を指定する
範囲1(必須) 1つめの検索対象とするセル範囲を指定する
条件1(必須) 「範囲1」のセル範囲を検索する1つめの条件を指定する
範囲2(必須) 2つめの検索の対象とするセル範囲を指定する
条件2(必須) 「範囲2」のセル範囲を検索する2つめの条件を指定する
範囲3、条件3以降(省略可) 3つめ4つめの範囲や条件を指定する

基本的な使い方

 下図を例に「男性でかつ営業部の平均点」をF3セルに表示してみよう。

 「対象範囲」は平均を求める得点が入ったセル範囲(D3:D12)を指定する。続いて「範囲1」には、男性か女性かで検索するので性別のセル範囲(B3:B12)と入力し、「条件1」に「"男性"」を設定する(文字列なので""[ダブルクォーテーション]で囲むのを忘れないように)。次に「範囲2」には部署名で検索するためのセル範囲(C3:C12)を、「条件2」には「"営業部"」を指定する。これでF3セルに「男性でかつ営業部の平均点」が表示される。

 なお、課名でさらに絞り込むなら「範囲3」と「条件3」を指定すればよい。

男性でかつ営業部の平均点を調べるには、上記のような式を立てればよい
男性でかつ営業部の平均点を調べるには、上記のような式を立てればよい

【仕事での使い方】「夜間営業、託児所あり」の支店の平均会員数を調べる

「夜間営業に対応し、かつ託児所がある支店だけの平均会員数」を求めてみよう
「夜間営業に対応し、かつ託児所がある支店だけの平均会員数」を求めてみよう

 支店ごとに「夜間営業」「託児所」といったサービスの有無と会員数をまとめた上のような表がある。これを使って、夜間営業に対応し、かつ託児所がある支店の平均会員数を調べたい。

 この例のように条件に合致したデータの平均は、条件が1つならAVERAGEIF関数、条件が複数あるならAVERAGEIFS関数を使おう。単なる平均を求める「AVERAGE」関数と、3つセットで覚えておくとよい。

 では、平均をF4セルに表示してみよう。「対象範囲」は、平均を求める人数が記入されているセル範囲(B3:B10)を指定。「範囲1」は夜間サービスに対応しているか否かを検索するので、○と×が入力してあるセル範囲(C3:C10)を入力し、「条件1」には「"○"」と設定しよう。同様に「範囲2」には、託児所があるかないかが分かるセル範囲(D3:D10)を、「条件2」には「"○"」をそれぞれ入力しよう。これでF4セルに夜間営業に対応し、かつ託児所がある支店の平均会員数が表示される。

「夜間営業かつ託児所あり」の支店の平均など、条件が複数の場合はAVERAGEIFS関数を使う。上記のように、引数に複数の条件を並べる
「夜間営業かつ託児所あり」の支店の平均など、条件が複数の場合はAVERAGEIFS関数を使う。上記のように、引数に複数の条件を並べる