数値の平均を求める関数。基本的な使い方に加えて、仕事に役立つ実例と注意点を紹介する。

数値の平均を求めるAVERAGE(アベレージ)

 数値の平均を求める「AVERAGE」関数。売り上げや利用者数の平均値を求めるのに利用する。合計(SUM関数)の次に使用頻度が高い関数だろう。数値は255個まで設定できる。よく使う関数のため、すぐに使えるよう、リボンにボタンが設置されている。

書式

書式 AVERAGE(数値1,数値2,…)
数値1(必須) 平均を求める数値をセルやセル範囲で指定する
数値2(省略可) 平均を求める数値をセルやセル範囲で指定する

基本的な使い方

 B8セルに4月から8月までの来場者数の平均を表示してみよう。「数値1」にB3~B7の範囲(B3:B7)を指定すればよい。「数値1」には連続したセル番地だけでなく、例えば長い休みのある月以外だけの平均を求めたいなら「=AVERAGE(B3,B5:B6)」とする(4月、6月、7月を指定)。個別のセルとセル範囲を組み合わせて指定することも可能だ。

来場者数の平均を求めるには、平均したい数値データの入ったセル範囲を指定すればよい
来場者数の平均を求めるには、平均したい数値データの入ったセル範囲を指定すればよい
リボンの「Σ」の右横の「▼」をクリックし、「平均」を選ぶと、自動的に関数式が入力されるので、範囲などが間違っていないか確認し、「Enter」キーで確定すれば簡単だ
リボンの「Σ」の右横の「▼」をクリックし、「平均」を選ぶと、自動的に関数式が入力されるので、範囲などが間違っていないか確認し、「Enter」キーで確定すれば簡単だ

【仕事での使い方】月ごとの販売台数の平均を調べる

各支店の月ごとの販売台数をまとめた表がある。これを使って、各月の平均販売台数を知りたい
各支店の月ごとの販売台数をまとめた表がある。これを使って、各月の平均販売台数を知りたい

 各月の販売台数の平均をG3セルからG5セルに表示したい。「数値1」に、計算対象のセル範囲を指定するだけで、すぐに平均が表示できる。

例えば7月の平均販売台数をG3セルに表示するには、AVERAGE関数の「数値1」に、7月のセル全体(B3:B10)を設定する。8月と9月も同様に表示してみよう
例えば7月の平均販売台数をG3セルに表示するには、AVERAGE関数の「数値1」に、7月のセル全体(B3:B10)を設定する。8月と9月も同様に表示してみよう

 AVERAGE関数の意外な落とし穴が「0」の扱い。セル範囲の文字や空欄は計算対象にならないが、「0」は対象になる。未入力の意味で「0」を入力すると、結果がおかしくなるので注意しよう。

AVERAGE関数で指定したセル範囲内に、文字や空欄があっても無視される。ただし、「0」は無視しないので要注意だ
AVERAGE関数で指定したセル範囲内に、文字や空欄があっても無視される。ただし、「0」は無視しないので要注意だ