※日経トレンディ 2018年12月号の記事を再構成

日経トレンディが選出した「2018年ヒット商品ベスト30」9~14位を公開。9位のキリンビール「本麒麟」、10位のライオン「NONIO」など、老舗企業渾身のニューカマーが消費者に届いた。11位の『名探偵コナン』は「もう一人の安室」がヒットをけん引し、国民的映画に上り詰めた。

【9位】本麒麟

年間1000万ケースに届く快挙。キリンの本気が市場に活を入れた

 真っ赤に光る缶に、麒麟エンブレム。3月発売の第3のビール「本麒麟」が、快進撃を見せている。発売後3カ月で1億本(大瓶換算約276万ケース)を出荷する垂直立ち上げ後、順調に伸長し、年間で1000万ケースの大台が見えてきた。

 1〜9月の新ジャンル市場は本麒麟効果で前年比プラス4%。キリンビールは27%の成長を果たした(PBを含む)。同社の「のどごし〈生〉」に次ぐビッグブランド確立に成功した。