平成最後の年のヒット商品・ブームは何だったか、なぜヒットしたのか……。日経トレンディが選んだ毎年恒例のランキング「ヒット商品ベスト30」完全版とその解説記事を、日経クロストレンドでお届けする。

※日経トレンディ 2018年12月号の記事を再構成

2018年ヒット商品ランキング 日経トレンディ選定ベスト30(画像)

 日本中が沸いた歌姫の引退劇、女性が歓喜した「3つの顔を持つ男」、ひたすら褒めるキャラクター……。日経トレンディが平成最後の年を前に、既存の枠組みを超え、次代への可能性を切り開いたヒット商品・ブーム30を選出。ランキング形式で一挙紹介する。

 1~30位の解説記事は11月5~8日に日経クロストレンドで順次掲載。発売中の日経トレンディ18年12月号では丸ごと読めるほか、デジタル雑誌として、日経クロストレンド上の誌面ビューアーでも閲覧できる(有料会員限定)。

「2018年ヒット商品ベスト30」のランキング選考基準
 2017年10月から18年9月の間に発表・発売された商品・サービスを対象にヒットの度合いを評価した。
 具体的には下の3項目に沿って総合的に判定した。期間前に発表・発売された商品でも、期間内に著しくヒットしたものは対象に加えた。
 昨年すでにヒットしていた商品は、原則として対象外とした。

評価項目
【売れ行き】:売り上げやシェアはどれだけ拡大したか。どれだけ人を集めたか。 売れ行きはどれくらい継続する余地があるか
【新規性】:これまでにない画期的な技術、着眼点、売り方の工夫があったか
【影響力】:他社の追随を呼んだか、あるいは従来にない市場を形成したか。生活スタイルや社会の常識を変えて、世の中に影響を与えたか

【1位】安室奈美恵

平成の歌姫の引退劇が国民全員の関心事に発展。「感謝」と「応援」の波は各業界に旋風を巻き起こし、経済効果は500億円超とも

【2位】ドライブレコーダー

「東名高速あおり運転事故」の報道後、“走る防犯カメラ”に事故抑止を期待した人が殺到。1年間で前年の約2倍となる346万台を出荷

2018年ヒット商品ランキング 日経トレンディ選定ベスト30(画像)

【3位】ペットボトルコーヒー

開拓者「クラフトボス」が2000万ケースを突破し、2年目の大躍進。後追い商品も売れ、「ちびだら飲み」の新スタイルを確立した

2018年ヒット商品ランキング 日経トレンディ選定ベスト30(画像)