コペンハーゲンで9月に開催された「ITS世界会議2018」の特集の最終回。移動サービス革命「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」の社会実装で先行する欧州では、官民のキープレーヤーが参加する「MaaSアライアンス」が組織されている。最先端のMaaSとはどのようなものか、担当者に話を聞いた。

官民のパートナーシップを支援するMaaSアライアンスのPiia Karjalainen氏

 10月4日、トヨタ自動車とソフトバンクが共同で新会社「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)」を設立。2018年度内から順次、オンデマンドの配車サービスを始める計画を発表するなど、さまざまな交通・移動手段を統合して次世代の交通サービスを生み出すMaaSにつながる動きが、日本でも活発化してきた。