9月17~21日にコペンハーゲンで開催されている「ITS世界会議2018」。次世代交通に向けた産官学の国際会議で、今年は移動サービス革命「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」に関する注目の発表が目白押しだ。展示会レポートと共に、キープレーヤーの単独インタビューをお届けする特集の1回目。「地方におけるMaaS」と題するセッションに東京急行電鉄が参加し、MaaS参入の方針を初めて表明した。2019年春に、国内初となる地方観光に焦点を当てたMaaSの実証実験を始めるという。

東急は伊豆半島でMaaS実証実験を行う計画。写真はグループの伊豆急行と東急が共同運行する観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」(横浜駅―伊豆急下田駅間)

 東京急行電鉄は19年春に、静岡県の伊豆半島を舞台に「観光型MaaS」の実証実験を始める。コペンハーゲンで開催されているITS世界会議2018のセッションにMaaS事業を推進する事業開発室プロジェクト推進部の森田創課長が登壇し、表明した。地方の観光に焦点を当てた本格的なMaaSの取り組みとしては国内初となる。