9月17~21日にコペンハーゲンで開催されている「ITS世界会議2018」。次世代交通に向けた産官学の国際会議で、今年は移動サービス革命「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」に関する注目の発表が目白押しだ。展示会レポートと共に、キープレーヤーの単独インタビューをお届けする特集の1回目。「地方におけるMaaS」と題するセッションに東京急行電鉄が参加し、MaaS参入の方針を初めて表明した。2019年春に、国内初となる地方観光に焦点を当てたMaaSの実証実験を始めるという。

東急は伊豆半島でMaaS実証実験を行う計画。写真はグループの伊豆急行と東急が共同運行する観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」(横浜駅―伊豆急下田駅間)
東急は伊豆半島でMaaS実証実験を行う計画。写真はグループの伊豆急行と東急が共同運行する観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」(横浜駅―伊豆急下田駅間)

 東京急行電鉄は19年春に、静岡県の伊豆半島を舞台に「観光型MaaS」の実証実験を始める。コペンハーゲンで開催されているITS世界会議2018のセッションにMaaS事業を推進する事業開発室プロジェクト推進部の森田創課長が登壇し、表明した。地方の観光に焦点を当てた本格的なMaaSの取り組みとしては国内初となる。

 19年春に行う実証実験には、伊東駅から伊豆急下田駅間の45.7㎞を結ぶグループの鉄道会社、伊豆急行が参加する他、バス、タクシー、シェアサイクル(あるいはレンタサイクル)の事業者が加わる予定。数カ所の拠点駅の周辺エリアを対象に、これら複数の交通手段を組み合わせた最適なルート検索、予約がスマートフォンのアプリで可能になる。東急グループを含めてエリア内のホテルや旅館を同じアプリ経由で予約できるようにする他、東急ストアやグループ外の観光施設、小売店などとの連携を視野に入れている。また、「MaaSフリーパス」といった一括払いの仕組みを含めて、アプリでの事前決済を可能にすることも検討中という。

伊豆での実証実験には東急と伊豆急以外にもモビリティやサービス関連の有名企業が参画予定
伊豆での実証実験には東急と伊豆急以外にもモビリティやサービス関連の有名企業が参画予定
東急が目指すMaaSの概念図
東急が目指すMaaSの概念図

 展開エリアの有力候補と目されるのは、例えば終着駅となる伊豆急下田駅の周辺だ。同駅から先には美しい海岸線や浜辺が広がるが、鉄道駅からの2次交通が不便で、これまで観光客はマイカーやレンタカーに頼るしかなかった。東急MaaSの導入によってバスやタクシー、シェアサイクルといった足回りの交通サービスをシームレスにつなげれば、現地での移動の利便性が格段に向上する。東急にとってはグループの鉄道やホテルなどの利用客アップを狙え、併せて観光客増による地域経済の活性化にも貢献できるというわけだ。