←第3回 セゾンカード異例の決断 アドテク企業をなぜ買収?

立ち上げからわずか7年で国内53店舗・海外15店舗を出店し、売り上げは50億円を超えるなど、急成長する「焼きたてチーズタルト専門店PABLO」。ロッテの「チョコパイ」とのコラボ商品を展開したり、「ガリガリ君」でおなじみの赤城乳業からアイスシリーズを発売したりなど大手企業とのコラボ商品も多く、「食べたことはないが、名前は聞いたことがある」という人も多いだろう。

 PABLOが成功した要因は何と言っても、それまでさほどなじみのなかったチーズタルトをいち早く専門店化してブレークさせ、多店舗展開したことだ。しかし、その成功の裏には、会社のキャパシティーを超えて拡大を図ったため、人気絶頂でありながら閉店に追い込まれた超人気スイーツ店の失敗があった。そして、この手痛い失敗に至った「決断の裏側」には、多くの企業にとって役立つ「気づき」がある。

PABLOの店舗外観(写真は梅田HEP FIVE店)

瞬く間に行列スイーツ店となった「パティスリーブラザーズ」

 PABLOを運営するドロキア・オラシイタの嵜本(さきもと)将光社長がスイーツ専門店を手掛けたのは、2008年に創業した「パティスリーブラザーズ」が最初だ。パティスリーブラザーズは兵庫県西宮市に1号店をオープンした直後からメディアで話題となり、瞬く間に行列のできるスイーツ店として知られるようになった。