←第1回 人事を変えるHRテック ソフトバンクは学生からの質問対応80%減

採用から配置転換、育成といった人事マネジメントにAI(人工知能)などを活用しようという動きをリポートするHRテック特集の第2回。三井不動産リゾートマネジメントは、2019年7月下旬に開業予定のラグジュアリーリゾートホテル「ハレクラニ沖縄」で働く従業員の採用に当たって、AI技術の活用による適性検査を使っている。検査結果で求職者のタイプを知り、採用面談に活用。約400人に上る従業員の配属を決める際に、検査結果を基にマネジャーとの相性を見て判断する。

来年7月下旬に開業予定のラグジュアリーリゾートホテル「ハレクラニ沖縄」の完成予想イメージ

 三井不動産の100%子会社である三井不動産リゾートマネジメントは今、沖縄県で最も美しいといわれている恩納村の伊武部(いんぶ)ビーチにラグジュアリーリゾートホテル「ハレクラニ沖縄」を建設している。ハレクラニ沖縄は、ハワイのホノルルにあるハレクラニの第2弾という位置付けになる。三井不動産が約30年かけて世界各地を探し回って、ようやく伊武部ビーチにたどり着いた。