PB(プライベートブランド)の刷新を足掛かりに、リブランディングを進めるマツモトキヨシ。特集の2回目は刷新によって売り上げが急増した商品と、逆に減少に転じた失敗例を紹介する。失敗は必ずしも悪ではない。売り場を持つ強みを生かし、短期間で商品を作り、販売実績を基にPDCA(計画、実行、評価、改善)を素早く回すことで、ダメージを最小限に抑えてヒット商品を生み出している。

matsukiyoのエナジー飲料「EXSTRONGエナジードリンク」はTwitterで話題になり売上金額が10倍超になった

 マツモトキヨシホールディングス(HD)のPB「matsukiyo」の中にはブランド刷新後にNB商品よりも売れる商品が続出しているという。

第1回
「マツキヨ」らしさを取り戻せ リブランディング始動の舞台裏
第3回
世界的な広告賞も!「体験」を売るマツキヨのトイレットペーパー