日経クロストレンドは、2018年7月から10月にかけて3カ月連続で検索者数が増加しているキーワードを抽出し、平均上昇率のランキングを算出した。次々とキャッシュレス決済サービスが登場する中で、2018年は「d払い」の伸びが目立った。

各社キャッシュレス決済サービスについて調べる検索者が増えた
各社キャッシュレス決済サービスについて調べる検索者が増えた

 分析に当たっては、インターネット行動データ分析サービスを提供するヴァリューズ(東京・港)からデータ提供を受けた。同社は、国内25万人規模のユーザーパネルを保有し、Web利用動向データを基にネット行動分析サービスを提供している。

 検索者数が増えているワードを抽出するに当たり、例えば「クリスマス」「ハロウィン」など昨年も同時期に同様に伸びている季節性の高いワードや、最終回に向けて検索数が増えやすいテレビドラマなどエンターテインメント関連のワードは排除した。

 検索者数の上昇率1位は、8月10日に銀行業の営業免許を取得し10月15日から営業を開始した「ローソン銀行」。2位はノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大学本庶佑特別教授が開発したがん免疫治療薬「オプジーボ」。3位は10月11日に築地から移転・オープンした「豊洲市場」、4位は9月30日に投開票が行われた「沖縄県知事選挙」と、話題のニュースのキーワードが上位を席巻した。

 そんな中、編集部が注目したのは、ランキングは165位ながら月平均上昇率19%の伸びをみせたNTTドコモのスマホ決済サービス「d払い」。街中の実店舗で買い物代金を支払う際、「d払いアプリ」に表示されたバーコードを見せるだけで支払いができるサービスだ。ドコモ回線を契約していない人でも、docomoIDを登録すれば利用できる。

 d払いには、その前身となるサービス「dケータイ払いプラス」があった。対応ECサイトでの買い物額に応じてdポイントがたまり、ポイントを支払いにも利用できるというもの。それが2018年4月、アプリ化して実店舗での決済にも対応するようになったのがd払いである。