記録的な猛暑が続く中、ネット上では暑さ対策グッズの売り上げが急増中だ。日経クロストレンドはヤフーの協力を得て、65万店を超える出店者を抱え、2億8000万超の商品を取り扱うヤフーのECモール「Yahoo!ショッピング」の7月の購買データをランキング化した。猛暑特需とも言える効果で、前月比で10倍以上も売れる暑さ対策グッズが続出している。また、芸能界引退を発表している安室奈美恵さんと共同開発したコーセーの化粧品も人気だ。

安室奈美恵さんと共同開発した化粧品「ヴィセ リシェ アイカラーパレット NA」の品薄を受けて、コーセーは異例の抽選販売を行う

 下表は前月比で注文数が急増した商品をランキング化した。記録的な猛暑となっている今夏は、暑さ対策グッズの売り上げが急増している。例えば、15位の「マジクール マイファンモバイル」(税込み1735円、8月2日時点)もその1つ。同商品は首に掛けて使うことで、首元に送風できる携帯型の小型扇風機だ。「野外音楽フェスに参加するため、熱中症対策で購入した」といったクチコミが散見される。また、スタンド機能も付くため、オフィスなどのデスクに置いて使うことも可能。さまざまな用途で暑さ対策として購入されていることがうかがえる。その結果、前月比で注文数は22倍に増加した。

ハロウィン商戦は6月始動 人気コスが「メルカリ」データで判明