前回、“働き方”に関心が集まる一方で、イメージ先行の意見や取り組みも増えてきていると指摘した前刀禎明氏。高齢化が進み、働く期間が長くなる中、個々人が真の「働き方改革」をしなければ人生は乗り切れないと語る。

「“働き方改革”は“働きがい改革”であるべき」と前刀禎明氏
「“働き方改革”は“働きがい改革”であるべき」と前刀禎明氏

 政策や法律を語るうえで「働き方改革」と言うとき、実質的な意味は「ブラック企業対策」に近いものだと思います。時間外労働の上限を月45時間にするなど、長時間労働を避けること、非正規で働く人に公正な待遇を確保することなどが働き方改革関連法(正式には「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」)の骨子になっています。

 だから、各企業が取り組む「働き方改革」の施策も、労働時間を削減する方向のものがほとんど。とにかく残業を減らす、有給休暇を取りやすくするといったことが基本です。有休消化のほうは「休み方改革」という名前で推進されているようですね。

 でも、僕は、働き方改革という言葉が浸透したのを機に、本当の意味で働き方を改革すべきだと思っています。言葉の解釈を狭め、誰が見ても明らかにダメなこと(極端な長時間労働、それを強いる企業)を是正するだけで終わらせてしまうのは残念です。ブラック企業対策は粛々と進めるとして、働きがいを感じながら仕事ができるとか充実感を得られるとか、そういった意味での“働き方”に変えることが、今、切実に求められていると思います。

つまらない仕事で人生乗り切ろうと思うほうが甘い

 働き手の目線で見れば、多くの人は週に5日前後、起きている時間の大半を仕事に費やすのですから、いやいやではなく、前向きな気持ちで仕事に取り組めたほうが幸せです。企業にしてみても、働き手の数が減る中で、一人ひとりの労働時間を削減し、それでも生産性を上げようと考えたら、社員に積極的に能力を発揮してもらわなければなりません。

 こういうことを言うと、きれいなお題目を唱えていると思われるかもしれません。「『充実感を持って』とか『やりがいを感じて』とか、仕事はそんなに甘いものじゃない」と反感を持つ人もいるでしょう。ですが、高齢化が進み、人生のうちで働く期間が長くなっていくこれからの時代、仕事場での時間をネガティブに過ごしても人生を渡り切れると思うなら、そのほうが甘いと僕は思います。

 若くして成功した優秀な人が、40代で燃え尽きた例を見たことがあります。その人は成功がきっかけでしたが、いつからか考えることをやめてしまうと、あるいはそもそも考える習慣を身に付けないでいると、仕事はすぐにつまらなくなります。成長しない、変わらない自分が退屈で、とてもじゃないけれど、何十年も続けられません。精神的に“持たない”。誰にでも起こりえることです。だから今、考えてみてもらいたいのです。自分にとって働きがいはどんなところにあるのかを。

 「働きがい」という言葉を使いましたが、人によっては「働く喜び」や「仕事への情熱」「誇り」などとしたほうがピンとくるかもしれません。「働く楽しさ」「(働いて満たされる)欲」……いろんな言い換えができます。正解はありません。いずれにしろ、仕事そのもので得られるものに限定して考えることが肝要です。

 「仕事そのもので得られるものに限定して」とあえて言ったのは、きれいでおしゃれなオフィスとか、上司や先輩と仲良く過ごせる人間関係とか、人に自慢できる肩書とかは重要ではないからです。働くこと自体から得られる意義を、一般論ではなく自分なりに考える。今の自分の仕事にはこんな充実感が感じられるから楽しい、こんな成長の機会があるから楽しい、そういうことを意識すれば仕事への姿勢はおのずと変わります。