大乱戦のQRコード決済サービスの陣取り合戦が、さらに混迷を極めそうだ。本特集第4回「QR決済トップ目指せ 後発ヤフーが放つ3本の矢」(2018年7月23日公開)で取り上げたヤフーが親会社のソフトバンク主導で、「グループの総力を結集」してQRコード決済の普及に臨むことが明らかになった。ソフトバンクは18年7月27日、同社とヤフーの合弁会社が、インドのPaytmと連携し、QRコードなどを使った新たなスマホ決済サービス「PayPay」を今秋に提供開始すると発表した。

第9回
「Venmoする」で3兆7620億円の割り勘市場 スマホ決済の切り札
第11回
楽天とLINEが有力 QR決済、決戦のカギ握る2社の強み