大手IT企業の参入が相次ぐQRコード決済サービスの覇権争いの行方を探る特集の第4回は、2018年4月に参入を表明したヤフーの戦略をひも解く。PCインターネットの世界の王者ヤフーも、決済サービス「Yahoo!ウォレット」が利用できるリアルな小売店は、4月の参入表明時点では1店舗もなし。最後発からのスタートとなった。LINE、楽天などとの競争をいかに勝ち抜く腹積もりなのか──。

Yahoo! JAPANアプリを使ったQRコード決済のイメージ  (C)アフロ
Yahoo! JAPANアプリを使ったQRコード決済のイメージ (C)アフロ

 「2018年は3つのNo.1を目指す。その1つが、『モバイルペイメント取扱高No.1』だ」──。18年4月27日に開催されたヤフーの決算発表会で、川邊健太郎社長は高らかにこう宣言した。

 この目標実現のために、ヤフーは導入コストが安価で中小・零細の小売店でも導入しやすいQRコード決済サービスの普及に力を入れる。18年4月には、Yahoo! JAPANアプリ上にあるYahoo!ウォレットで、QRコードとバーコードを表示し、小売店側がそれを端末などで読み取る方式で税金・公共料金の決済を開始。6月には、同方式で小売店での買い物の決済ができるようになり、秋には、小売店側が表示するQRコードをYahoo! JAPANアプリで読み取って決済する方式にも対応する。

4000万人のYahoo!ウォレット利用者が強み

 Yahoo!ウォレットは、あらかじめ登録したクレジットカードや銀行口座で、「Yahoo!ショッピング」や「ヤフオク!」などで簡単に決済できるサービスだ。ヤフー執行役員の谷田智昭コマースカンパニー決済金融統括本部長は「Yahoo!ショッピングやヤフオク!の決済にYahoo!ウォレットを活用しているユーザーは約4000万人いる。このユーザーに、同じ感覚でリアル店の決済でも使ってもらうことを目指す」と語る。EC、オークション利用者を多く抱えることがヤフーの強みだ。

 もっとも、Yahoo!ウォレットを利用できる小売店はゼロから開拓しなければならない。谷田氏は「ECに出店しているリアル小売店にまず声をかけ、合わせて地域ごとに、代理店なども使いながら地道に営業していくことで、利用できる小売店をとにかく増やしていく」と語る。まず、福岡市の小売店開拓に力を注ぐという。福岡ソフトバンクホークスの本拠地「ヤフオクドーム」もあり、「ヤフーグループとして地の利がある」(谷田氏)。

 では、ヤフーが小売店をゼロから開拓するための武器はいったい何か──。1つ目の矢は、小売店が負担する決済手数料などを3年間、事実上ゼロに抑えることだ。小売店側が表示するQRコードを消費者がアプリで読み取る方式を始める18年秋から、決済手数料0円、導入手数料0円、入金手数料0円にして、3年間継続する予定。しかし、LINE Payも当初3年間は決済手数料0円に踏み切っており、これだけでは優位に立てない。

第3回
「モバイル決済No.1」 楽天が早々と勝利宣言
第5回
ドコモはキャリアの強みを発揮 スマホにd払いアプリを初期導入