楽天のQRコード決済サービス「楽天ペイ」導入店の裾野が広がっている。地方のタクシー会社や野球スタジアムのビールの売り子が導入を決めるなど、これまでキャッシュレス決済とは縁遠かった分野まで広がっているのが特徴だ。普及の契機は「紙にQRコードをプリントする」方式の採用だった。得意とする高ポイント還元策も投入し、「モバイル決済No.1」を獲得したと宣言する。さらなる普及策でシェア拡大を狙う。

 楽天の楽天ペイはもともとは、楽天の会員IDを使って楽天以外のECサイトなどでも、登録したクレジットカードやためた楽天スーパーポイントで決済できるサービスだ。QRコード決済を導入したのは2016年10月のこと。普及に向け本格的な攻勢をかけ始めたのは、紙にプリントしたQRコードをリアル小売店に置いて決済できるサービスを始めた17年10月からだ。

 それまでは利用者が自分のスマートフォンにQRコードとバーコードを表示し、店側がスキャンする方式などが主流だった。紙にプリントしたQRコードの導入で、利用者が店に置かれたQRコードを読み込んで店を特定してから、アプリ上で支払い金額を入金して店が確認する。こうした手順で決済が可能になった。QRコードを読み込む設備の負担がなくなり、中小小売店の開拓がしやすくなったようだ。

 18年5月には、楽天ペイ加盟店がWebサイト上の加盟店ページから自店で使うQRコードを自ら印刷できる機能を追加して、利用の敷居をさらに下げた。

野球場のビールもQR決済に

 この紙にプリントしたQRコード決済サービスを導入する企業が18年5月以降、相次いでいる。例えば、奈良近鉄タクシー(奈良市)や西部タクシー(浜松市)、浜松交通(浜松市)などが導入を決定。その結果、6月1日からは奈良県内のタクシー309台で、また同月4日からは浜松市内のタクシー242台で、それぞれ楽天ペイのQRコード決済サービスが利用できるようになった。

 プロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」の本拠地である楽天生命パーク宮城では、観客席を回ってビールなどを販売する売り子の決済手段にQRコード決済サービスを導入。7月7日から利用を開始している。

スタジアムでのQRコード決済イメージ

 従来、楽天ペイが比較的普及していた飲食、美容、アパレルという業態にとどまらず、幅広い小売店に普及を図れている。

 楽天の楽天ペイ事業部企画&マーケティング課の諸伏勇人ヴァイスシニアマネージャーは、「第三者機関の調査によれば、現状でリアル店店頭のモバイル決済で最も利用されているサービスは楽天ペイだ。これからも、楽天ペイならではのメリットを示しつつ、楽天グループがこれまで培ってきたリアルの小売店に対する営業力も駆使したい。QRコード決済サービスを普及させ、この『モバイル決済No.1』というポジションを、より確固としたものにする」と意気込みを語る(調査主体:楽天、調査実施機関:インテージの「QRコード決済利用実態調査」より)。