※日経エンタテインメント! 2019年2月号の記事を再構成

2000年代半ばから、配給だけでなく邦画やアニメの自社製作に注力してきたワーナー ブラザース ジャパン。日本を世界のコンテンツセンターにするために始めた新しいプログラムの詳細を、同社でローカルプロダクションを統括する池田宏之氏が語る。

池田宏之(いけだ・ひろゆき) IVSテレビ制作、総合ビジョンを経て2003年ワーナーエンターテイメントジャパン(現ワーナー ブラザース ジャパン)入社。07年角川映画入社。実写映像推進局長として「ルパン三世」など多くの映画を製作。17年7月1日付けで現職(ワーナー ブラザース ジャパン合同会社 バイスプレジデント 上席執行役員 ローカルプロダクション統括)
池田宏之(いけだ・ひろゆき) IVSテレビ制作、総合ビジョンを経て2003年ワーナーエンターテイメントジャパン(現ワーナー ブラザース ジャパン)入社。07年角川映画入社。実写映像推進局長として「ルパン三世」など多くの映画を製作。17年7月1日付けで現職(ワーナー ブラザース ジャパン合同会社 バイスプレジデント 上席執行役員 ローカルプロダクション統括)

 日本の映画人の多くが抱く夢の1つが、世界市場への進出だ。それもアートフィルムではなく、商業的成功が見込める米ハリウッドメジャー製作のスタジオ作品として、世界に打って出たいと考える人は少なくない。これまで俳優では、渡辺謙、真田広之、加瀬亮などが、スタジオ作品へ出演し、実績を積んできた。直近では小栗旬のハリウッド版新作ゴジラ映画への挑戦が話題になった。しかし、監督やプロデューサーでスタジオ作品に関わり、成功を収めた人間はほとんどいない。スタジオ作品で活躍するクリエーターに影響を与えた多くの監督はいるものの、世界市場で商業的成功を得たとは言い難いのが現実だ。

 この状況を打開するべく、15年近く自社製作に注力してきたワーナー ブラザース ジャパン(WBJ)が、新たなプログラムを始動させた。日本の若手監督とWBJのプロデューサーを米国本社に送り、企画をプレゼンさせ、スタジオ作品として製作して、世界市場へ進出をもくろむというプログラムだ。WBJでローカルプロダクション(自社製作)を統括し、今回のプログラムを仕掛けた池田宏之氏に、その狙いや背景、今後の展開などを聞いた。

Point1
邦画大作で成功した次の段階 日本発の企画を米国で映画化へ

「るろうに剣心」シリーズや「銀魂」シリーズなど、邦画大作の製作・配給で成功を収めたWBJは、次の段階として、日本の若手監督の企画をハリウッドで映画化し、世界市場へ進出することをもくろむ。企画については、広く募集する形ではなく、実績を踏まえて若手監督を指名し、了承を得た上で企画を考えてもらう形を考えているという。

『るろうに剣心』(左) 『銀魂2 掟は破るためにこそある』(右)
『るろうに剣心』(左) 『銀魂2 掟は破るためにこそある』(右)
©和月伸宏/集英社 © 2012 『るろうに剣心』製作委員会(左) ©空知英秋/集英社 © 2018 映画『銀魂2』製作委員会(右)