プラットフォーム企業としての発想と技術で、チャネルという「場」を変革しつつある米アマゾン・ドット・コム。「Amazon Go」などを通じて顧客に特別な体験を提供し、優れたつながりを築き、販促・価格・商品というプロセス全体をイノベーションしようとしている。そのアマゾンなど海外企業に加え、国内でも進むイノベーションの今を、オムニチャネル戦略実践の第一人者である奥谷孝司氏と岩井琢磨氏が解き明かす。
  • 第14回
  • 2019.04.12
マトリクス図で理解 Amazonとアリババ、戦略の違い
奥谷孝司氏と岩井琢磨氏がオンラインとオフラインとにまたがる「場」で進行中のデジタル革命を追う本連載。今回はチャネルシフト・マトリクス図を通して米Amazonと中国・アリババ集団の戦略の違いに迫る。
  • 第13回
  • 2019.03.22
アマゾンはまねできない アリババ「個人信用格付け」開始の必然
元良品計画の奥谷孝司氏と大広の岩井琢磨氏がオンラインとオフラインとにまたがる「場」で進行中のデジタル革命を追う本連載。今回は現地視察したアリババ集団がなぜ個人信用格付けに挑むのか、その背景に迫る。
  • 第12回
  • 2019.03.08
アマゾンの先を行く 中国アリババの「購買体験」
オンライン・オフライン双方の企業が挑む「場の革命」に迫る本連載。今回は、中国のアリババ集団が展開する食品スーパー「盒馬鮮生」(フーマーションシェン)の強さの秘密を深掘りする。
  • 第11回
  • 2019.02.22
中国アリババとアマゾン 店舗に出る戦略の違い
オンライン・オフライン双方の企業が挑む「場の革命」に迫る本連載。今回は中国のアリババ集団と米アマゾンの店舗から見えてくる戦略の違いを読み解く。
  • 第10回
  • 2019.02.08
中国アリババが「盒馬鮮生」で目指す「場の革命」とは
オンライン・オフライン双方の企業が挑む「場の革命」に迫る本連載。今回は中国のアリババ集団が志向する「ニューリテール」を「盒馬鮮生(ファーマーションシェン)」などの事例から読み解く。
  • 第9回
  • 2019.01.11
登山地図アプリYAMAPが仕掛ける異業種競争
オンライン・オフライン双方の企業が挑む「場の革命」に迫る本連載。今回は登山地図アプリ「YAMAP」を運営するヤマップが仕掛ける、顧客とのつながりを軸とした異業種競争を読み解く。
  • 第8回
  • 2018.12.28
登山地図アプリ会社が、ものづくりに進出するワケ
オンライン・オフライン双方の企業が挑む「場の革命」に迫る本連載。今回は登山地図アプリ「YAMAP」を運営するヤマップが構築しようとしている、ユーザーとのエンゲージメントを軸とした事業構想を読み解く。
  • 第7回
  • 2018.12.14
登山地図アプリYAMAP 価値あるデータをあえて公開
登山地図アプリ「YAMAP」を提供するヤマップは“非常識”な顧客サポートを武器に急成長している。今回は、ヤマップがユーザーとのつながりによって生み出した「良き場」について、その詳細を解説する。
  • 第6回
  • 2018.11.29
登山地図アプリYAMAPが生み出した「良き場」の循環
登山地図アプリ「YAMAP」を提供するヤマップは“非常識”な顧客サポートを武器に急成長している。今回はヤマップがユーザーとのつながりによって生み出した「良き場」について解説する。
  • 第5回
  • 2018.11.02
非常識な顧客サポートで人気 登山地図アプリYAMAP
本連載はオンライン、オフライン双方の企業が挑む「場の革命」を取り上げ、どのような事業変革を目指しているのかを読み解いている。今回は登山アプリを提供するヤマップの「非常識」な取り組みを紹介したい。

関連特集・連載

「リーン・スタートアップ」導入実例
全6回
テレビ屋のクリエイティブ術
ミラノサローネ2019
全5回
「日本版MaaS」元年の歩き方
全12回