※日経エンタテインメント!2018年11月号の記事を再構成

昭和の夕暮れ時、おばあちゃんが七輪でおにぎりを焼いている。香ばしい匂いを嗅ぎ、うれしそうな女の子。そこに帰ってきた野球部の兄が、歓喜の声を上げて焼きおにぎりにかぶりつくと、場面は変わってそこは現代。「思い出しちゃうな、あの味」と遠い目をするムロツヨシに、サッカー帰りの息子が「コバラ空いた!」と声をかける……。ムロが1人5役を演じて話題の、ニッスイ「大きな大きな焼きおにぎり」のCMだ。

2016年から年1本ペースで新作を発表しているムロツヨシ出演シリーズ第3弾
2016年から年1本ペースで新作を発表しているムロツヨシ出演シリーズ第3弾

 同商品は1989年発売のロングセラー。2009年、20周年を機にオリジナルキャラクター「やき おにお」を生み、10年からCMに投入。14年は氣志團の綾小路翔、15年は鈴木砂羽を起用し、タレントとも絡ませて展開してきた。

 「焼きおにぎりを召し上がることが多いのは、お子様と、実際に買われるお母様。でもお父様にももっと食べていただきたい。そこで、16年からは子どもとお父様を描きつつ、主婦にも共感してもらえるCMにしたいと思いました」(日本水産の木幡知子氏)